ニキビ跡に効果的!レーザー治療で大人ニキビを撃退する!!

100views
update!

ニキビはできてしまうととても気になるもの。鏡を見ると憂鬱な気分になりますよね。

ニキビは青春のシンボル!なんて昔は言ったものですが、大人になってできる大人ニキビは意外に深刻でもあります。

以前に比べて外用薬や化粧品などの進化とともに治療方法も増えてきました。でもなかなか効果が見えず他の方法を探している方もいると思います。その方法の1つとして注目されているのがレーザー治療。レーザー治療というとシミ取りのイメージが強いのですが、ニキビ治療にも絶大な効果を発揮します。

そのレーザー治療という方法に今回はスポットを当ててみたいと思います。

ニキビのレーザー治療

大人ニキビは食生活・生活習慣の乱れやストレス、ホルモンバランスの変化、睡眠不足などが原因でできてしまいます。

根本的な治療として生活習慣・食生活の見直しやスキンケアを変えるなどの対応も必要です。

また加齢により新陳代謝が悪くなり、肌のターンオーバーの周期が長くなるとニキビができやすい状況になってしまいます。

そこでできてしまったニキビを鎮静し、肌の新陳代謝を上げる効果のあるレーザー治療が有効なのです。

レーザーによる光はニキビの原因アクネ菌に直接作用し殺菌と炎症を鎮める効果をもたらします。ニキビを目立たなくさせ、毛穴のつまりを解消する効果もあります。

それ以外にもメラニン色素に反応することから、シミやくすみ、シワへアプローチし、キレイな肌へ導いてくれるのです。

ニキビ跡のレーザー治療

ニキビ跡がなかなか消えず、メイクでなんとか隠している人も多いですよね。実はニキビ跡にも種類があります。その種類によってレーザー治療の方法が違ってきます。

クレータータイプのニキビ跡

肌の表面が凸凹になってしまった状態のニキビ跡です。皮膚の表皮より下にある真皮の部分までダメージを受けてしまい、組織が回復できず跡になってしまう最も重症なニキビ跡です。

皮膚自体が硬めの人や炎症を起こしやすい人がクレータータイプのニキビ跡になりやすいと言われています。

茶色のニキビ跡

メラニンを生成するメラノサイトという細胞をニキビの炎症が刺激し、メラニンができてしまうことで茶色い色素沈着を起こしてしまいます。本来ならターンオーバーによって細胞とともにメラニンも体外へ排出されるのですが、色素沈着が真皮部分まで及んでしまうことで表面に跡として残ってしまう状態です。

赤のニキビ跡

血液がたまった状態のニキビ跡です。ニキビの免疫反応により炎症を回復させるために毛細血管の血液が集中します。その毛細血管が拡張して透けた状態になることから赤みを帯びた色に見えるものです。

これらのニキビ跡に対してそれぞれ効果的なレーザー治療があります。

フラクショナルレーザー

レーザーを点状に照射し小さい穴を皮膚にあけ、肌組織の回復力を促していくことで、肌を正常な状態にしていくことができる治療法です。

クレータータイプのニキビ跡にとても有効な治療法になります。

Vビームレーザー

595nmの一定した波長の光が血管中のヘモグロビンに反応し赤みを抑える作用を持っています。赤みのニキビ跡にとても効果を発揮します。それ以外にも赤あざや赤ら顔の治療にも用いられるレーザーです。

レーザートーニング

弱いレーザーを顔全体に均一に照射し、メラニンを少しずつ破壊していきます。メラニンの量が徐々に減っていきますので、色素沈着タイプのニキビ跡に効果的と言われています。

肝斑やシミなどメラニンを減少させる治療に用いられるレーザーです。

レーザー治療の注意点

レーザーの治療はすべての人に対応できるわけではありません。

日焼けをしている人や光によるてんかんの発作を起こしたことがある人、妊娠・授乳中の女性には向いていませんので、クリニックの先生と治療法を相談していきましょう。

またレーザー治療によるデメリットも知っておく必要があります。

レーザー治療による副反応として「赤みがでてしまう」「凸凹ができてしまった」ということも起こりえます。

治療の効果は人それぞれですので、回復してきたと思えるまで個人差もあると思います。

お金と時間をかけても思ったほど治らないと感じてしまうかもしれません。

レーザー治療は費用もかかりますので、自分の中でしっかり限度を考えて費用面も含めて先生と相談していきましょう。

自分にあったレーザー治療法を探しましょう!

ニキビやニキビ跡はすぐに完治するものではありません。

どんな治療法を選んだとしても気長にじっくり少しずつ治していくことが大切です。

治療と並行して自分の生活習慣や食生活を見直すことでより効果も出やすくなると考えられます。少しでも早く完治させるために、自分に一番合った治療法を探すことが大事です。

レーザー治療はお金もかかりますが、年々進化して新しい機器も開発されていますので、効果も期待できるものです。

近い将来すっぴんでもいられるくらいキレイな肌を手に入れたいですね。

この記事の監修医: 山田 山田