歯のホワイトニング、自宅でする?クリニックでする?値段やメリットを比較

31views
歯のホワイトニング
update!

芸能人のように白く輝く歯、憧れますよね。
私も白い歯に憧れてホワイトニングの歯磨き粉を使ったことがあるのですが、まったく効果がありませんでした。
それでもやっぱり白い歯にしたい……。

ただ、漠然と「歯を白くしたい」と思っているだけで、どのように白くするのか、歯医者さんでしかできないのかなど、詳しいことまでよく知っているわけではありません。

そこで、歯のホワイトニングにはどのようなものがあるのかを調べてみました。
歯医者さんで行うものから自宅で行えるものまで、値段やメリットを比較したので、歯のホワイトニングを考えている方はぜひ参考にしてみてください。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには、大きく分けて3つの種類が存在します。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、高濃度の漂白剤(過酸化水素)を歯に塗り、ライトを照射して歯を白くしていく方法です。
このホワイトニング方法は歯医者さんでしかすることができません。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、歯医者さんで作ってもらったマウスピースを利用して行う、自宅でのホワイトニングです。
マウスピースに薬剤を注入し、数時間装着することで歯を白くします。
マウスピースや薬剤は市販でも購入可能です。

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングとは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせて歯を白くする方法です。
2種類の施術を掛け合わせるので効果も高く、持続性もあります。
デュアルホワイトニングはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの併用なので、歯医者さんで施術をし、ホームホワイトニングの指導をしてもらう必要があります。

それぞれのホワイトニングのメリット・デメリット

メリット・デメリット

方法が違うだけに、それぞれメリット・デメリットも異なります。

オフィスホワイトニング

歯に対する知識が豊富な歯医者さんが、専用の薬剤や設備で行うホワイトニング方法なので、確実に今よりも白い歯が手に入ります。

しかし、オフィスホワイトニングは1回では期待通りの白さに仕上がらないことがあります。何度か歯医者さんに足を運ばなければならないということですね。
仕上がりは個人差があり、歯の厚みや特徴によって色ムラが出ることもあります。

また、歯の表面が荒れやすかったり、知覚過敏になりやすかったりというデメリットも。
ホワイトニング剤の主な成分は過酸化水素という物質です。この成分は歯の表面にある保護膜を溶かしてしまうため、歯の荒れや知覚過敏を引き起こしてしまう可能性があるのです。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングで使う薬剤は、オフィスホワイトニングで使う薬剤よりも弱いものなので、時間をかけてじっくりと歯を白くすることができます。
2週間程度でシェードガイド(歯の白さの段階を表す標本)よりも1段階明るくなる見込みがあるそうですよ。

しかし、白さの調整が難しいのが難点です。
ホームホワイトニングは自分で行うため、どのような仕上がりになるか予測がつきにくいというデメリットがあります。

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングのいいとこ取りです。芸能人のような真っ白い歯になりたい方は、デュアルホワイトニングをすると希望の色になりやすいですよ。

逆に言えば、デメリットもオフィスホワイトニングとホームホワイトニングのダブルパンチということになりますね。

ホワイトニングの値段について

ホワイトニングの値段

気になるのは、なんといっても費用面。
こちらも各々確認していきましょう。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは保険適用外になるので、全額自己負担です。自由診療となります。
大体1〜5万円が相場と言われていますが、中には10万円を超える場合もあるとのこと。

自由診療とは、歯医者さんが自由に料金を設定していい分野なので、クリニックによって大きな差があるようです。

ホームホワイトニング

ネット通販では、数千円のものから購入が可能なようです。
歯に塗るだけのタイプやマウスピースと薬剤がセットになっているものなど、種類も多彩なので、お値段も大きく前後します。

ただ、市販のマウスピースは自分の歯で型どったものではないので、合わないことも多々あり……。その場合は、期待したような効果を実感できない場合も。

歯医者さんでホワイトニング用のマウスピースを作ってもらうには1〜3万円程度かかります。
多少お金がかかっても自分の歯に合って薬剤の効果を最大限にしてくれるマウスピースを使うか、自分の歯に合わなくても安価に済ませるか、ですね。

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングの場合は、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの掛け合わせなので、その分料金はお高めになります。
大体6〜8万円が相場のようです。

自分に合った歯のホワイトニングで満足のいく効果を

歯のホワイトニング

専門家のもとで確実に歯を白くしてもらえるオフィスホワイトニング、安価で済ませられるホームホワイトニング、芸能人顔負けの白さを実現できるデュアルホワイトニング、3つをご紹介しました。

どの施術が自分に合っているか、メリットやデメリット、価格なども併せて確認した上で行動しましょう。

歯医者さんのお世話になると決めたのなら、何軒かカウンセリングを受けてみるのもいいかもしれませんね。
Case Reportを利用すれば複数のデンタルクリニックから一括で見積もりを取れるので、「お財布と相談したい」という時は便利ですよ。

無理のない範囲で理想に近い白い歯を手に入れましょう。

この記事の監修医: 杉本ライター 杉本ライター