ピンクの歯茎で笑顔に自信!歯茎のホワイトニングってどんな治療?

65views
歯茎のホワイトニング
update!

歯茎の色がなんだか悪い……。笑った時に人に見られていないか気になる……。
歯茎の若々しいピンク色を喪失してしまっている方は、日々悩まれていることでしょう。

その歯茎の色のお悩み、歯医者さんで解決できるのをご存知ですか?
現在、審美歯科のジャンルで「歯茎のホワイトニング」として人気を集めているんですよ。

歯磨きでは解消することのできない歯茎の黒ずみ、歯茎のどんよりとした色、歯医者さんで治療してみませんか?

ただ、気になるのは「一体どんな治療なのか」「自宅では対処できないのか」という点ですよね。
この記事では、歯茎のホワイトニングにはどのような治療があるのか、自宅ではどのような対処をしたらいいのかを詳しくご紹介します。

歯茎が変色する原因

原因

歯茎がどんよりと紫色に変色してしまう原因はいくつか考えられます。

喫煙

喫煙による一酸化炭素が原因で歯茎が血行不良を起こし、毛細血管の流れる血の量が少なくなると、歯茎が紫色になります。
また、たばこの中に含まれるニコチンやタールなどの有害物質が歯茎に染み込むことで、歯茎が変色してしまうのです。

さらに、たばこを吸うと体内のビタミンCが大量に消費されます。
ビタミンCは色素沈着の原因であるメラニンの生成を抑える働きがあるので、ビタミンCが不足すると歯茎の変色も起こりやすくなります

金属による影響

差し歯や被せ物に金属が使用されている場合は、金属からイオンが染み出し歯茎に浸透することで変色を起こします
銀イオンは特に歯茎の黒ずみの原因になりやすいと言われています。

歯周病

歯周病の初期段階は歯茎が赤く腫れるといったものですが、これをそのまま放置しておくと症状が悪化し、歯茎が紫色になったり黒ずんでしまったりします。

口の中の乾燥

普段から意識することはなかなか難しいですが、寝ている時などに口呼吸をしている方も多いのではないでしょうか。
口呼吸により口内が乾燥すると細菌が繁殖しやすく、それが原因で歯茎が変色してしまうことがあります。

歯茎のホワイトニング治療

ホワイトニング

歯医者さんで行ってくれるホワイトニングの治療は主に2つ。
自宅でも歯茎の変色を予防する方法があります。

デンタルクリニックでのホワイトニング①:ガムピーリング

歯茎が変色している部分に薬液を塗って漂白する方法です。
フェノールという薬液を塗った後、消毒用アルコールで中和させます。
個人差はありますが、処置後2〜7日後に変色している部分が薬とともに剥がれ落ち、歯茎が綺麗になるという仕組みです。

「ガムピーリングは痛い」という口コミもありますが、表面麻酔を使えば痛みは少なく、ヒリヒリする程度です。

ただし、ガムピーリングの治療を受けるためには「妊娠中でないこと」「歯周病でないこと」など、いくつかの条件がありますので、歯医者さんとよく相談しましょう。

デンタルクリニックでのホワイトニング②:レーザー治療

ガムピーリングで歯茎を綺麗にしきれない場合は、レーザー治療を行います。
レーザーをあてている時はパチンとゴムで弾かれているような痛みがあるため、我慢できない場合は表面麻酔をしてもらうようにしましょう。

1回のレーザー照射では効果を実感しにくく、数回通院する必要があります

自宅での歯茎の変色対策①:歯茎のマッサージを行う

歯茎のマッサージを行うことで血行がよくなり、たまってしまった不純物を取り除くことができます。
マッサージは歯磨きをした後に綺麗な状態で行いましょう。
上下ともに人指し指の腹を使って、奥から手前へと歯茎全体をゆっくり撫でるようにマッサージします。

自宅での歯茎の変色対策②:禁煙

歯茎の変色が気になる場合は、なんといっても禁煙が大事です
禁煙補助薬や禁煙外来などを活用して、できるかぎり禁煙しましょう。

自宅での歯茎の変色対策③:念入りな歯磨き

正しい歯磨きをすることで、歯と歯茎の間の汚れを取り除きましょう。
歯ブラシだけではなく、歯間ブラシなどを使うこともおすすめです。

歯茎を傷めないように硬すぎる歯ブラシは避け、力を入れすぎずに歯ブラシを小刻みに動かして歯磨きをしましょう。

ピンク色の歯茎で口もとの印象をUP!

ピンクの歯茎

歯茎が紫色になったり黒ずんでしまったりする原因は、日々の生活習慣にあります。
たばこをよく吸ったり、歯磨きを雑にしてしまったり……。
今からでもその習慣を改めて、自宅でもできる限りのケアをしましょう。
自宅ではどうにもならない場合は、プロを頼ってホワイトニングをするのも大切です。

変色した歯茎は、人にだらしない印象を与えてしまいます。
綺麗なピンク色の歯茎を取り戻して、人からの印象をUPさせましょう!

この記事の監修医: 杉本ライター 杉本ライター