コンプレックスになりやすい!受け口の治療方法とは?

127views
update!

顎がしゃくれている?と思われがちな「受け口」は、一目見るだけでわかってしまうため、外見的なコンプレックスになりやすい箇所と言われています。
受け口のせいで、人前でうまく笑えなかったり、口元を無意識のうちに隠してしまっていたりする方は、ぜひこの記事を読んで「受け口」に対しての知識を深めてくださいね。

受け口とは?

受け口とは、上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)ともいい、口元が前の方に突き出した状態を指します。

歯の噛み合わせは通常、上の歯が下の歯にかぶさる状態ですが、受け口はそれが逆になってしまっています。そのため、口を開けたときに下の歯列が上の歯列よりも前に出ているのが特徴です。

他にも、

  • 物が噛みにくいので消化に悪い
  • 通常の歯並びに比べ唾液の分泌が減るため、満腹感が得にくい
  • 顎の強い力がかかって顎関節症になりやすい
  • 顎や首の筋肉が疲労してしまうため、頭痛や肩こりが起こる

といったように、受け口は見た目だけの問題ではなく、様々な症状が出ることもあるんですよ。

受け口の原因には何があるの?

受け口になってしまうのには原因があると言われています。

遺伝的要素

やはり、一番多いケースは遺伝的要素です。両親が受け口である場合、遺伝により骨格が子供に受け継がれることがあります。上顎が小さかったり、下顎が大きかったりすると、これが受け口の原因になってしまいます。

口呼吸

もともとの歯並びや、鼻づまりなどが原因で口呼吸をしてしまったり、無意識に口呼吸を続けたりすることで、舌の位置が下がり気道が狭くなります。さらにこの時、気道を確保しようとして下顎を突き出すようになってしまいます。これが習慣化することで受け口になってしまいます。

幼少期のクセ

下顎を突き出す癖などが受け口の原因となることがあります。
幼少期のうちに、こうした癖を直さずにいると筋肉が癖に順応してしまい、結果的に受け口になってしまうことがあります。

受け口を治すには?その費用

受け口の治療は、その程度によって異なります。

歯科矯正

比較的軽度の受け口の場合、歯科矯正をすることにより改善することができます。

さらに、セラミック治療であれば外科的手術をすることなく、受け口を改善できます。

クリニックによって費用は異なってきますが、セラミック治療の相場は1本約10万円~と少々高額です。

マウスピース矯正

マウスピース矯正の適応になるのは、「下の前歯の歯と歯の重なりが強くて、前歯全体が前に出ている場合」と「骨格ごと、前に飛び出して受け口になってる場合」が多いです。マウスピース矯正では、抜糸・ワイヤー矯正も併用して治療を行う可能性があります。


現在、透明で目立たないタイプの「インビザライン」というマウスピースが人気を集めていますが、インビザラインの費用はおよそ100万円前後です。

また、「クリアアライナー」というマウスピースは、インビザラインよりも多少お安く、相場は70万円前後となっているようです。


インビザライン・クリアアライナーとも透明のマウスピースで、厚さもほとんど変わりません。

インビザラインは歯の部分のみを覆う形のマウスピースですが、クリアアライナーは歯ぐきと上あごの一部分を覆う形のマウスピースです。


これら両方を比べてみると、クリアアライナーの方が大きいため、装着した時の異物感が若干強いです。しかしフィット具合や装着後の見た目は、どちらもそれほど変わりません。

セットバック治療

セットバックでは、受け口のほか、しゃくれたアゴの改善、噛み合わせの悪さなどを改善することができます。この治療は、歯科治療のほか、アゴの骨切りを一緒に行うこともあります。

費用は上下顎の場合170万円前後が相場です。


ケースレポートファイルズに、セットバックの記事がありますので興味がある方はぜひこちらも御覧ください。

「セットバック治療」の詳細はこちら↓

https://files.casereport.jp/mouth/mouth-method3/3667

受け口を改善してさらに魅力的な口元へ!

受け口を改善すると、顔の印象がガラッと変わります!

口元は、顔の下半分の印象を左右する大事なパーツです。受け口の治療をすることによってあなたの笑顔はもっと素敵になるでしょう。

コンプレックスを抱えて日々を過ごしているなら、まずは一度カウンセリングに行ってみてはいかがでしょうか?

あっという間にコンプレックスを解消することができるかもしれませんよ。

この記事の監修医: 篠田 篠田