【医師監修】人前で思いっきり笑いたい!ガミースマイルはこうして治す!

150views
update!

ガミースマイルという言葉を聞いたことはありますか?私もこの業界で働くまでは知らなかったのですが、笑ったときに上の歯茎が見えることをガミースマイルと言います。

意外と日本人には多いと言われるガミースマイル。有名人の方にも多く見られるのですが、やはり程度によってはそれがコンプレックスとなって笑うときに口元を手で隠してしまう人や人前で笑えなくなってしまった人もいるのです。

ガミースマイルを改善する方法にはいくつかの種類があります。その方のタイプによって治療方法が違ってきますので、自分に合った治療方法を探してみましょう。

ガミースマイルの原因

ガミースマイルになってしまう原因はいくつかあります。

筋肉に原因がある

上の唇を引き上げる筋肉「上唇挙筋」の筋力が強すぎると唇が上がりすぎてしまいます。歯や骨自体に問題がなくても、上唇が歯茎の上まで上がってしまうので、笑ったときに歯茎が見えすぎてしまう状態になってしまいます。

骨に原因がある

上顎や下顎のサイズによってガミースマイルになってしまうことがあります。

次のような上下顎の骨の方にガミースマイルが多いと言われています。
上顎が大きく前に出てしまっているもしくは上顎に比べて下顎が小さいかのどちらかです。

これは遺伝の場合もありますが、子供の頃に硬いものをあまり食べなかったり、唇を噛む癖があったり、口呼吸だったりすることで、顎の形成に問題が生じてしまうケースがあります。

歯に原因がある

元々歯が短い人、歯の生えている場所が低い人がいます。この場合歯の面積が狭く歯茎が広いのでガミースマイルになってしまいます。また上顎に問題がなく前歯が出ている場合も上唇が上がってしまうので、歯茎が見えてしまいます。

前歯の歯冠長(見えている部分の歯の長さ)が標準で11.3mmと言われていますので、その長さより極端に短いとこれが原因ということになります。

ガミースマイルの治療方法

ガミースマイルの治療方法は上記の原因によって違いがあります。

ボトックス注射

上唇挙筋が強すぎる場合、その筋力を制限する方法として一番簡単に行えるのがボトックス注射です。手術ではありませんので、小鼻の脇の部分にボトックス注射をするだけで筋力を弱めることができます。他の治療法と違い周りの人にバレる心配もありませんが、1回の治療での効果は半年くらいなので、コンスタントに治療が必要になってきます。

上唇挙筋切除術を行う前にどんな印象になるか試してみたい方や、一時的なものでいいという方にはお勧めの治療法です。

粘膜切除術

歯茎の一部分を切除し上唇と歯茎を密着させて縫合することで、上唇挙筋の動きを抑制することができます。当然手術なので術後の腫れがあるなどダウンタイムも発生しますが、傷口は目立たず半永久的に効果が持続します。

上唇挙筋切除術

これは上唇挙筋自体を切除するという手術になります。先に挙げた粘膜切除術より難しい手術なので大手の美容歯科でも行わないことも多いです。ただし、こちらも粘膜切除術と同様に、半永久的に効果が持続します。

上顎骨切術

骨が原因の場合、上顎の骨へ直接アプローチする方法です。顎の骨を短くする方法はガミースマイルの根本的治療になります。前へ突出していた上顎が正常の位置に戻されますので、横顔のシルエットもスッキリとキレイになるのですが、顔の印象がかなり変わりますので、周りの方に手術したことに気づかれてしまいます。

歯肉形成

前歯の面積が小さい歯が原因の方は歯肉形成で治療ができます。歯茎の歯周ポケット部分を23mmカットし歯茎の形を整え歯の面積を出していきます。歯肉の増殖によって歯の表面を隠してしまったために前歯の面積が小さいという人に有効です。

歯や骨の治療ではないのでほとんどダウンタイムもなく身体への負担も少なくてすみます。

その他、その方の状態により歯並びの矯正が必要な場合など、複合的な処置を行う場合もあります。

自分に合う治療法でガミースマイルを治そう!

ガミースマイルは人によって程度が違います。外科的手術は身体的な負担や金銭的な負担も大きいので熟慮する必要があります。

診察する先生によって提案してくださる施術方法も違うかもしれません。口元の印象はその人の第一印象をとても大きく左右するポイントですので、どの施術方法がいいのか、どの先生にならお任せできるのか、必ず複数のクリニックで診てもらうことをお勧めします。

ガミースマイルの治療を行うことで、小さい頃からのコンプレックスから解放され、自然でステキな笑顔の自分に出会えると思いますよ!

この記事の監修医: 矢田 裕昭 先生 矢田 裕昭 先生

審美歯科・矢田クリニック

麹町で「痛くない歯医者さん」と言えば、【審美歯科・矢田クリニック】がおすすめです。

歯の治療は何かと痛みを伴う処置が多く、そのためについつい足が遠のいてしまいがち。
矢田クリニックでは、まずは除痛ということで、確実な局所麻酔下で痛みゼロの治療を実施しています。

また、働くビジネスマンも通いやすい、待ち時間ゼロの予約体制も整っています。

「待つのは嫌だ。痛いのはもちろん嫌だ。」という方にぴったりのクリニックです。

審美歯科・矢田クリニック

この記事の監修医: 山田 山田