【医師監修】審美性も価格も譲れない!歯の治療は“メタルボンド”がいち押し!

263views
歯
update!

「前歯がガタガタで笑顔に自信が持てない……」
「大きな虫歯の跡があって歯全体が美しくない……」

そんなお悩みを抱えている方、いらっしゃるのではないでしょうか。
目元の悩みならばアイプチやカラーコンタクトなど、いくらでも化けようがありますが、口元はそうもいきません。

皆さんもご存知かと思いますが、顔全体の品性が託されていると言っても過言ではないほど、口元の印象は大事です

歯に清潔感が無いのなら、綺麗にしたいですよね。

そんな時におすすめなのが審美歯科の治療に分類される“メタルボンド”
メタルボンドは歯を自然に綺麗にするのに適している治療なんです。

メタルボンドとは?

歯

メタルボンドとは、金属冠の外側にセラミックを焼き付けた、審美歯科で扱われている“かぶせ物”の一種です。
以前は前から見える部分だけをセラミックにした「ハーフベイク」というタイプもありましたが、現在では金属部分がまったく見えないようにセラミックですべて覆った「フルベイク」が主流となっています。

臼歯などで噛み合わせがきつい場合などは、その部分だけ金属を出したりする方法もあります。
美しさと強度を兼ね備えているので、セラミックと金属のいいところどりをしているのがメタルボンドです。

また、メタルボンドの治療を行うと、必然的に歯並びが綺麗になります。

さらに、虫歯で歯を大きく削った時など、詰め物だけでは対応できない時にもメタルボンドのようなかぶせ物を使うんですよ。
虫歯がある場合は先にそちらの治療が優先され、虫歯治療が完了した後、メタルボンドのための土台作りや型どりなどをします。

メタルボンドのメリット

女性

メタルボンドは別名「陶材焼付鋳造冠」とも呼ばれているクラウンの一種で、色や形が本物の歯にとても近いことから、より自然に、美しく、なおかつ他のかぶせ物と比較すると費用を抑えられるところがメリットと言えます。

またメタルボンドは、実際に治療した後に何かあっても修理がしやすく、仮止めもできるという丈夫さをもっています。

メタルボンドのデメリット

女性

メタルボンドには、もちろんデメリットもあります。

メタルボンドは金属を使用しているため、どうしても歯1本1本に重さがでてしまいます。
金属を使用しているため、金属アレルギーの方にも向いていません。

また、透け感がなく光を通さないため、ジルコニアやオールセラミックのほうが美しさは勝ります。

メタルボンドの治療期間について

カレンダー

メタルボンドの治療期間についてですが、これは患者さんの歯の状態にもよりますので、なかなか一概に「これだけの期間がかかるよ!」とは言えません。

ただ、もしも虫歯などの異常がどこにも見当たらない場合は、10日〜2週間、2回〜3回の通院が通常となります。

虫歯などの治療が先に必要な場合は、これよりも長い治療期間が必要です。

ちなみに、歯並びや噛み合わせの治療で最もポピュラーな歯列矯正は治療完了までに数年を要しますがメタルボンドの場合はどんなにかかったとしても数週間で治療が完了します!

メタルボンドの費用について

貯金箱

メタルボンドは、外から見えない内側は金属でできていますが、表はセラミックでできているため、保険適用外となります。

例えば、前歯を1本メタルボンド治療するとしたら、約8万円〜10万円かかります。
これはなかなかな出費……。

ただし、オールセラミックに比べると安価で済むので、その点はメリットと言えるでしょう。

見た目の美しさを重視するのであれば、やはり表側だけでもセラミックのメタルボンドを選択したいですよね!

メタルボンドと他の素材との違い

女性

オールセラミックとの違い

オールセラミックとメタルボンドを比較すると、価格・強度・治療できる範囲の広さなどはメタルボンドのほうが優れています。
しかし、見た目の色調はオールセラミックのほうがより自然で光も通します。

また、オールセラミックはその名の通りすべてがセラミックでできているので、金属アレルギーの方でも安心して使用できます。

ジルコニアセラミックとの違い

ジルコニアセラミックは、歯のかぶせ物の中では最高クラスに分類される治療です。
軽くて美しく、強度や見た目もメタルボンドよりも優れています!

ただ、素材が高価なので、費用面においてはメタルボンドのほうがおすすめです。

保険適用硬質レジンとの違い

保険適用硬質レジンとメタルボンドを比べると、メタルボンドは天然歯に近く圧倒的に自然で変色もありません!

保険適用硬質レジン→ハイブリッドセラミック→メタルボンド→ジルコニアセラミックと上質になっていきますので、保険のものとは軽さ、色調の美しさ、自然さ、透明感など、比較にならないほど綺麗で丈夫です。

保険適用硬質レジンは、かなり上手に治療しても、治療したことが見てわかってしまいますが、メタルボンドは見た目でも治療したことがわからないほど自然であることが大きな違いと言えます。

ハイブリッドセラミックとの違い

ハイブリッドセラミックは、セラミックを名乗ってはいますが、レジンという歯科用樹脂にセラミック(陶歯)の微粒子を混ぜ込んだもので、全体の素材の持つ性格はレジンに近いものになります。

もちろん、保険適用のレジンよりは質がよく、金属アレルギーの心配がありません。しかし、審美性も比較的高いですが、メタルボンドには劣ります。

審美性と価格、どちらも取るならメタルボンド!

女性

審美歯科の治療には様々なものがあります。
ただし、審美歯科は「美しさを追求した治療」なので基本的には保険適用外。

なかなかのお値段になる治療も……。

そんな時に活躍するのがメタルボンド!
価格もオールセラミックやジルコニアセラミックにくらべたら安価です。

見た目の美しさ、そしてお財布へのダメージ、両方を考慮するならば、メタルボンドという選択はGoodだと思います。

歯を綺麗に治療して、笑顔に自信を持ちましょう!

この記事の監修医: 宮本 美佐子先生 宮本 美佐子先生

京橋富士歯科医院

「人生の変わる美しさを!」をモットーに10,000件を超える美容歯科、インプラントの治療を行ってきた歯科医院です。

患者様が満足のいく治療を提供することを一番に考え、親切で丁寧な治療を行ってくれます。

女性医師ならではの細やかな視点も魅力のひとつです。

京橋富士歯科医院の治療メニューをご覧になりたい方はこちら。

京橋富士歯科医院

この記事の監修医: 杉本ライター 杉本ライター

Related article関連記事