脱老化!ホルモン補充療法で理想のアンチエイジングを

63views
update!

年齢を重ねるごとに気になってくるのがアンチエイジング。

「20〜30代の頃とは明らかに肌のハリや艶感が違う」
「体が疲れやすくなった、体力がもたない」

といった症状を抱えている人はいませんか?

そもそも「老い」を感じる原因は、ホルモンの分泌量が減っているからなのです。
ホルモン分泌量は20歳をピークに減少し始め、40代で急激に減少。50歳以降は20歳の頃の約半分にまで減ると言われています。女性はこの時期に更年期障害に悩まされる方も多いですよね。

不足したホルモンを補うことで、老化として現れる様々な症状を軽減するのが「ホルモン補充療法」
身体だけでなく精神的にも若返らせることができるこの治療、欧米では一般的に行われていますが、日本ではまだあまり浸透していません。

今回は、アンチエイジングに対するホルモン補充療法とはどんな治療か、副作用にはどんなものがあるのかを見ていきたいと思います。

ホルモン補充療法とは


そもそもホルモンとは、体の様々な働きを調節する化学物質です。ホルモンにはたくさんの種類があり、それぞれ違った作用があり、環境の変化が起きても体の働きが常に同じになるように保つ役割を担っています。

ホルモンの分泌が多すぎたり少なすぎたりすると、様々な病気を引き起こします。
有名なものが更年期障害。これは、女性の閉経前後に卵巣の機能が急に低下し、ホルモンの分泌が少なくなることが原因です。症状には、ほてりやのぼせ、疲労感や不眠など、身体的にも精神的にも様々なものがあります。

更年期障害ではなくても、「以前よりも食欲が減った」「肌のハリ・ツヤがなくなった」「集中力が続かない」「理由なくイライラする」など感じている方は要注意!ホルモンバランスが崩れてきているかもしれません。

加齢などにより減少していくホルモンを、若い頃の分泌量まで補うのがホルモン補充療法
低下している数種類のホルモンを補充し、バランスを整えることで全身の機能を高めます。
うまくホルモン量をコントロールすることで、20代と同じような活力ある身体の状態を維持することも可能。外見的な若返りだけでなく、精神的にも健康に若々しく感じられるようになる、理想的なアンチエイジング治療です。

アンチエイジングに使われるホルモンとは


ホルモン補充療法には、ナチュラルホルモンを補充するものと、合成ホルモンを補充するものの2種類があります。
どちらもホルモンとつくため混同されがちですが、全くの別物。受診するクリニックではどちらのホルモンを使用しているのか、事前に必ず確認するようにしましょう。

ナチュラルホルモン

  • 人の体が作るホルモンと化学構造が同じ
  • 副作用が少なく、人体に安全なホルモン
  • 自費診療になるため、合成ホルモンと比べて費用が高め

合成ホルモン

  • 体内のホルモンに似せた薬剤
  • 体内のホルモンとは化学構造が異なるため、場合によっては拒否反応(副作用)がでる
  • 保険適用のため、比較的安価で治療が受けられる

残念ながら、日本の保険で処方されるホルモン剤の多くは合成ホルモンです。更年期障害の治療に用いられているのも合成ホルモンがほとんど。

アンチエイジングで使われるホルモンは、「ナチュラルホルモン」とうたっているクリニックが多いようです。
ナチュラルホルモンによる治療は自費診療になります。補充するホルモンの種類・容量によって異なりますが、薬代で2〜4万円程度、採血検査で2〜3万円ほどかかるようです。
合成ホルモンと比べると割高に感じますが、安全には変えられませんね。

ホルモン補充療法とガンの関係性


ホルモン補充療法があまり日本で浸透しない理由に、副作用があります。
実は、ガンの発症原因となる可能性が指摘されているのです。

乳ガンや子宮ガンを発症するという報告があると聞くと、心配になる方も多いでしょう。
ただし、それらは「合成ホルモン」に対するもの。ナチュラルホルモンに対しては当てはまりません。

合成ホルモンであったとしても、複数のホルモン剤を併用しながら治療することにより、ガンの発症リスクを抑えながらホルモン補充療法を行うことができるようになっています。
知識をもって正しい方法で治療すれば、合成ホルモンでも効果は高いのです。

ナチュラルホルモンでも合成ホルモンでも、下記に当てはまる方は治療が行えませんのでご注意ください。

  • 妊娠中の方
  • ホルモン産生性腫瘍のある方
  • 悪性腫瘍のある方、また過去に悪性腫瘍に疾患された方

ホルモン補充療法で若々しい自分を取り戻そう


「なんとなく体の調子が悪い」と悩んでいる方は多いでしょう。
若い頃とは違うからと諦めないでください。辛い症状を長い間我慢するのは精神的にもキツイもの。治療法があることを知っていれば、解決することもあるかもしれません。
「ホルモンバランスが崩れているのかも?」と思い当たる方は、ぜひ一度専門医を訪ねてみてくださいね。

この記事の監修医: 菊地 菊地