頬骨削りで理想の小顔が手に入る!そんな頬骨の整形とは?

72views
update!

あなたは頬骨にコンプレックスがありますか?

欧米では頬骨が出ていることが美人の条件!日本でも、頬骨が高いと歳をとっても老けにくい!と言われていますが、日本人はこの頬骨にコンプレックスを抱えている方が多いのが現状です……。

頬骨が高く、目鼻立ちがはっきりしていて華やかなイメージの欧米人に比べて、日本人を含めたアジア系のお顔は頬骨が出ているとなんだか「男性っぽい」・「キツイ感じがする」というように見られてしまうことが多いとか。

また、顔やせをしても頬骨の形は変わらないため、痩せると頬骨が余計に目立って見えることも……!

コンプレックスである、高く出た頬骨や、横に張った頬骨を髪型で隠している方も多く見受けられますね。

小顔になるための輪郭の整形は見た目にかなりの変化があるので、希望する人は多いですが、大きな手術になりますので、注意することも必要です。


この記事では「頬骨」のコンプレックスを解消する治療についてまとめました。

頬骨は削っても小さくならない!?

まず、頬骨の構造について簡単にご説明します。

頬骨には、体部と呼ばれる前の部分(正面から見て高く盛り上がっている所)と、弓部とよばれる横の部分(正面からみて横に張っている部分)に分けられます。

頬骨に悩んでいる方の多くが、斜め前から横に張り出してしまっているタイプです。

頬骨が前に出ているタイプの場合

頬骨の体部(前側)には、厚みがあるので、ある程度までは削ることができます。
前に出ている頬骨だけを改善したい場合は、頬骨体部を削ることで頬骨の前への突出が改善されます。

頬骨が横に張り出しているタイプの場合

「頬骨が横に張っているってことは、普通の人よりも頬骨が分厚いの?」と、思う方もいるかと思いますが……

実は、頬骨が横に張っている人は、この弓部の骨が分厚い!!というわけではないのです!頬骨弓部の厚みは、成人男性でもわずか5mmほどしかありません。女性の場合はさらに薄いことが多いです。

では、どうして横に張って見えてしまうのか?

それは、弓部のカーブに違いがあります。
この弓部は、名前の通り弓のようにカーブしているのですが、頬骨が横に張っている方は、このカーブが大きいため、横に張って見えてしまいます。

そのため、この弓部を削っても横の張り出しはあまり改善されません。
それどころか、もともと薄い骨を削ることによりさらに薄くなってしまうので、ケガなどで骨折するリスクが高まります。

横に張り出した頬骨の治療法は?


では、どうやったら横の張り出しが改善できるのか?
それは、「頬骨形成」です!

前述の通り、頬骨が大きく横に張ってしまっている方は、弓部のカーブが大きいのが原因です。
そのため、このカーブをできるだけ直線的にする必要があります。

頬骨形成をする場合、まず口の中から、上の歯の歯茎のすぐ上を左右2センチ弱切開し、外側も、もみ上げの中に隠れる部分を約1.5センチほど切開します。

そこから頬骨弓部の前方と側方の二箇所を切り離し、骨のサイドを切除してカーブを小さくします。その後、カーブを小さくした骨を内側にスライドさせるようにして、元の位置より内側に戻すことにより、頬骨の横の張り出しを改善することができます。

頬骨削り・頬骨形成のダウンタイムは?


頬骨削りは、確実に小顔効果があることがメリットですが、手術後、3日ほどは大きな腫れがみられることがあります。そのため、腫れを早く引かせるために、1週間~1ヶ月ほどフェイスバンデージ(サポーター)をつける必要があります。
日中ずっとつける必要はなく、夜間やプライベートの時間のみで大丈夫です。
1ヶ月ほど経過すると、その後はすこし浮腫む程度に落ち着くので、必要に応じてフェイスバンデージをつけるようにするのが良いでしょう。

また、稀に頬部の感覚が鈍く感じたり、痺れを感じる場合がにありますが、ほとんどが一時的なもので、時間の経過と共に改善されていきます。

頬骨削り・頬骨形成の費用は?


美容整形のため、自費診療価格で約120万~140万円が相場となっています。
高額なので、キャンペーンを利用したり、クリニックによってはメディカルローンを取り扱っているところもありますので、そういったものを利用するのも1つの方法です。

一般的に頬骨削りと頬骨形成は一緒にすることが多いため、この価格で両方の治療を受けることができますが、クリニックによっては頬骨削りのみでも治療を行っているところがありますので、気になる方はクリニックに確認するのが良いでしょう。

頬骨コンプレックスを解消して新しい自分に!

頬骨の治療費は決してお安くはありません。むしろ高額ですよね。
高額で、顔全体を左右する治療だからこそ、治療を受けるのはやっぱり不安なもの。
実際に治療をする前には信頼できるクリニック・ドクター選びが重要です。

しかし、頬骨の張りがヘアスタイルなどでカバーできず、悩んでいる方にはとても効果を発揮する治療なので、コンプレックスを抱えている方はまずはカウンセリングを受けてみるのはいかがでしょうか。

コンプレックスが解消されることで、新しい自分に生まれ変わることができるかもしれませんよ。

この記事の監修医: 篠田ライター 篠田ライター