スウェーデンでは当たり前!予防歯科で日本人の歯が変わる!!

87views
update!

皆さんは『予防歯科』という言葉を聞いたことがありますか?

まだまだ馴染みがないという方も多いのではないでしょうか。
『予防歯科』は歯に虫歯ができたり、歯茎から出血したりなどトラブルになってから歯医者にいくのではなく、そうならないために歯医者にいくこと、未然にトラブルを防ぎましょうという考え方です。

歯医者というと痛いから行きたくないという方がとても多いと思います。

しかし、痛いのはトラブルになってしまったから。トラブルになる前にしっかりケアできれば、痛い思いをすることはないんです!

予防歯科の取り組み

世界でもいち早く『予防歯科』に取り組んだ国がスウェーデンです。そこから徐々に各国へとその考え方は広まってきましたが、日本ではまだまだといったところでしょうか。

虫歯や歯周病には予防歯科が重要だと気づいたスウェーデン政府は、国を上げて取り組みを始めました。19歳以下は検診も治療も無料にすることで、子供の頃から予防歯科という考え方を根付かせていくことができたようです。

それにより80歳時に残っている自分の歯の数は日本が14本なのに対し、スウェーデンでは20本と明らかに差が出てきているのです。

自分の歯はこんなに大切!

80歳になっても自分の歯がたくさん残っていることがどれだけ良いことなのでしょうか。自分の歯が失われていくことで起きることをあげてみました。

咀嚼する機能が衰えてくる

食事をするときの行為である咀嚼は、人間が生きるためにとても必要なことです。食べ物を噛めなくなると、食べ物がそのまま胃や腸まで流れてしまい、負担がかかってしまうので、消化機能の不調をきたすことにつながってしまいます。

あごの骨が退化していく

歯が失われるとあごの骨が退化していきます。これを「あごの骨の吸収」といいますが、それによりあごが痩せ細っていくので、見た目の印象も変化し、口元のシワも増え、老人のショボショボした口元になってしまいます。

発音が悪くなる

歯が少なくなっていくと発声がしにくくなります。空気が漏れ出るような発音になってしまうので、滑舌が悪くなり、周りの人に言葉が伝わりにくくなってしまいます。

脳への刺激が伝わらなくなる

咀嚼という行為は脳へ信号を送り、脳の働きを活発にします。噛めなくなるということは、その脳への伝達がいかなくなるので、脳の機能がどんどん低下していき、認知症の発症にも繋がってしまいます。

 

 

予防歯科のポイント

では予防歯科はどのように行えばいいのでしょうか。

虫歯や歯周病を予防するにはセルフケアとプロケアを両方行うことが大切です。

どちらかが欠けては意味がありませんので、普段のセルフケアを習慣づけることと定期的な歯科でのケアの両方が必要です。

予防歯科の種類

セルフケア

自宅のセルフケアでできることはこの3つです

①歯垢を落とす

歯垢(プラーク)は歯の表面に付着している細菌のかたまりです。これが虫歯や歯周病、口臭の原因となります。
歯垢は歯と歯の間や歯と歯茎の境、奥歯の噛み合わせの部分に付着します。これを毎日の歯磨きやデンタルフロスを使って徹底的に除去することが大切です。

②フッ素を歯に残す

フッ素は虫歯の予防にとても効果的な成分です。
歯のエナメル質を修復したり、酸に溶けにくい性質にしたりする力があります。
また口の中の細菌が繁殖するのを抑え、酸が作られるのを抑制してくれます。
フッ素配合の歯磨き剤を使うことがお勧めです。

③細菌を増やさない

細菌は口の中で歯垢(プラーク)となっていきます。もともと人間の唾液には口の中の細菌を洗い流す作用があるのですが、就寝中は唾液の分泌が少なくなり、その作用が働かなくなってしまうため、寝ている間に細菌が増殖してしまうのです。
夜寝る前に殺菌効果のあるデンタルリンスを使うことで、就寝中の細菌の繁殖を抑えることができます。

プロケア

歯科ではまず口腔内の検査から始まります。歯と歯茎の状態をチェックしたり、口の中の細菌数を計測したりします。検査結果にしたがい、その方の状態にあわせて4つのケアを行います。

①歯石除去(スケーリング)

歯の表面に付着した歯垢は時間が経過すると歯磨きでは落とせない歯石になってしまいます。虫歯や歯周病の原因である歯石をまずはしっかり除去することが大切です。

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

専用の機械を使って歯垢や歯の表面の汚れなどを落としていきます。

③フッ素の塗布

歯の表面にフッ素を塗布し、虫歯になりにくい歯にしていきます。

④シーラント

磨き残しの多い歯の溝の部分を樹脂で埋めていき、歯に付着する歯垢を少なくすることで虫歯の予防に繋がります。

予防歯科のこれから

スウェーデンで定着したこの『予防歯科』の取り組みは、近年日本でも国や地方自治体を中心に法律や条例などの整備を進め、徐々に浸透しつつある状態です。

歯科医院でも治療ではなく『予防歯科』に積極的に取り組むところも増えてきていますので、日本ではこれから『予防歯科』は当たり前といった流れになっていくはずです。

日本の各メーカーでも歯ブラシや歯磨き剤、デンタルフロス、デンタルリンスなどの種類も増え、それらを上手に使い分けることをお勧めしています。

予防歯科で80歳まで自分の歯を守ろう!

虫歯や歯周病を予防するには、毎日の自宅でのセルフケアがまずは一番大切です。そして3~4ヶ月に1度のペースでプロケアを受けるようにしましょう。

健康に毎日おいしいお食事が自分の歯でできるということが何より幸せなことです。80歳になっても自分の歯が20本残せることで人生のQOL(生活の質)が違ってくるのです。

歯の健康を守る!予防歯科という習慣をしっかり身につけましょう。

この記事の監修医: 山田ライター 山田ライター