歯周病レーザー治療とは?種類・痛み・治療期間などを総まとめ!

82views
歯周病に悩む人
update!

歯周病は30代〜60代にかけての有病率が高く、30代の約8割の歯周組織に所見が見られます。
歯周病は、歯を失う原因の第1位。
しかも、放っておくと歯だけではなく、身体のいたるところで悪い病気を発症させてしまう大変厄介なものなんです。

歯周病は自宅のブラッシングだけでは治療できませんので、専門医のもとで“歯周病レーザー治療”を受けてみるのはいかがでしょうか。

歯周病とその原因とは?

歯周病とは

まずは歯周病について詳しく説明いたします。

歯周病とは

歯周病とは、細菌の感染によって引き起こされる歯肉や歯周ポケット、骨の炎症です。
歯と歯肉の間を清潔に保つことは、自宅の歯ブラシだけではなかなか難しいこと……
歯と歯肉の間が綺麗な状態でないと、いずれそこに多くの細菌が溜まってしまい、歯肉が炎症を起こして赤くなったり腫れたりします。

この歯周病は、進行すると歯周ポケットが深くなり、歯を支える骨が溶けて歯がグラグラと動くようになってしまうのです。
最終的には抜歯しなければならなくなる……という悲しい結末が……。
一生自分の歯を保ちたいのであれば、この歯周病はなんとしても予防したいところです。

では、歯周病は何が原因で起こってしまうのでしょうか。

歯周病の原因

口の中には、300〜500種類の細菌が存在しています。
これらの細菌は普段はあまり悪さをしませんが、歯磨きの仕方が不十分であったり、糖類を過剰に摂取したりすると細菌が粘ついた物質を作り、歯の表面にくっつきます。
この物質はプラークといって、しっかり歯磨きをしなければ落とすことができません。

プラークの中には1mgあたり10億個の細菌が存在していると言われており、虫歯や歯周病を引き起こす原因になるのです。

プラークは取り除かなければ硬くなり、歯石と言われる物質に変化して歯の表面に付着します。
これは歯磨きだけでは取ることができず、歯医者さんでスケーリングをしてもらわなければ取れません。

歯石を放っておくと、歯石の中やまわりに更に細菌が入り込み、歯周病を進行させる毒素を出し続けます。

歯周病レーザー治療とその種類

歯周病レーザー治療

歯周病治療におけるレーザー治療とは、スケーラーだけでは届きにくい歯周ポケットの奥深くや、複雑な形状の歯周ポケット内部にレーザーの光と熱を到達させ、精密に細菌の死滅を図る治療法です。

また、歯の根に沈着した内毒素も無毒化してくれる上に、抗菌薬と違って耐性菌ができてしまう心配もありません。

歯周病レーザー治療の種類①:炭酸ガスレーザー

歯科治療において、もっとも用いられているメジャーなレーザーです。
エネルギーのほぼすべてが組織表面で吸収される非透過性で、歯茎の切開・切除などに使用されます。
レーザーそのものの殺菌効果に加えて、痛みの少ない、止血効果にも優れたレーザーでもあります
歯周病そのものにアプローチするというよりは、歯周病治療のために必要な周辺作業を行うことができます。

歯周病レーザー治療の種類②:エルビウムヤグレーザー

水への吸収性が高く、組織表面にエネルギーが集中する安全性の高いレーザーです。
歯茎だけではなく歯石にも使用可能。
歯周病治療では、歯石を歯根面から剥がし、プラークに含まれる細菌を死滅させるのに使われます。

歯周病レーザー治療の種類③:半導体レーザー

組織への透過性が高いレーザーです。
色素に吸収されやすいという特徴があり、歯茎の切開や止血、凝固、治癒促進などに使われます。
こちらのレーザーも炭酸レーザーと同様で、歯周病に直接アプローチするわけではありません。

歯周病に直接アプローチするレーザーは、エルビウムヤグレーザーということになりますね。
ただ、エルビウムヤグレーザーも歯周病に対して極めて高い有効性がある、というわけでもないそうです。
最近の論文では、歯周病治療におけるエルビウムヤグレーザーは超音波スケーラーよりも有効性に劣るという評価になっています。

歯周病レーザー治療の痛みや治療期間は?

治療期間

歯周病レーザー治療では、通常、少しの痛みを感じることがほとんどだといいます。
しかし、レーザーはわずか1万分の数秒という短い単位で照射されるので、麻酔なしで照射できる場合がほとんどだそう。
どうしても痛みが心配な場合は、事前に先生とよく話し合いましょう。

また、歯周病のレーザー治療はほとんどの場合1日で終わります。
歯科用のレーザーには水分を蒸発させる効果があり、水分を多く含んでいる歯石は瞬時に光分解されるため、治療時間が大幅に短縮されたのです。

なかなか時間がとれない忙しい社会人でも、1日で治療が終了するのであれば、歯医者さんに足を運びやすいですよね。

歯周病レーザー治療でいつまでも健康な歯を

健康な歯

歯周病は進行すると、歯だけではなく、全身に影響を及ぼす怖い病です。
動脈硬化により心筋梗塞になってしまったり、脳梗塞になってしまったりします。

歯周病の原因となるプラークには、私達をそのような疾患に至らしめる力があるのです。
放っておくと、自分の歯を失うだけではなく、重大な疾患を引き起こしてしまいます。

歯周病が悪化する前に、レーザー治療で歯周病を完治させましょう。

この記事の監修医: 杉本 杉本