知らないと怖い!歯ぎしりが体に与える悪影響と治療法まとめ

92views
update!

寝ているときだけでなく、起きているときでも無意識に歯ぎしりや食いしばりをしている方、いますよね。

実は私もそうなんです。知らず知らずのうちに歯に力が入ってしまい、気付いたら口元が疲れていることもしばしば。

歯ぎしりや食いしばりが、体に大きな不調をもたらす原因になっているのを知っていますか。

顎関節症や歯周病以外にも、不眠や頭痛を引き起こすことも。体全体に悪影響を及ぼす原因になっているのです。

知らないと怖い歯ぎしり。

今回はそんな歯ぎしりについてまとめてみました。

歯ぎしりの種類

歯ぎしりと言うと、寝ている時にギリギリと音がするものをイメージする方が多いと思いますが、歯ぎしりにはいつくかのタイプがあります。

グランディング

上下の歯を滑らせるように動かすことで歯がすり減っていくもの。

歯ぎしりの中でも、最もたくさんの人にみられるのがグランディングです。

ギリギリと歯を擦り合わせるのが特徴で、顎全体が大きく動くため、歯に与えるダメージも大きくなります。

クレンチング

食いしばりとも呼ばれるのがクレンチングの症状です。

上下の歯を強く噛み締めてしまうもので、横に擦り合わせることはありません。

歯や顎に強い力がかかり続けるため、グランディングよりも悪質ともいわれています。

またグランディングと違って音が出ないため、自覚している人がほとんどいないのも怖い点です。

タッピング

上下の歯が震えるようにぶつかるもので、カチカチと音をたてるのが特徴です。寒くて震えている時のような状態で、歯を小刻みにぶつけ小さな音を出します。

歯ぎしりが与える悪影響

知らないうちに歯ぎしりが習慣となってしまうと、様々な不調を引き起こします。

顎関節症

口を開けると顎の関節に痛みを感じたり、音が鳴ったりなどの症状が出ます。

症状が悪化すると口が開かない、痛くて食事が取れないなど、日常生活に支障をきたすこともあります。

歯並びが悪くなる

強い力で歯ぎしりや食いしばりをしていると、常に歯に強い力が加わるので歯並びにも影響が出てきます。歯が変形してしまったり、奥歯など強い力が加わる歯は削れたりしてしまうことも。

噛み合わせにも影響が出てきます。

頭痛、肩こり

歯に力を入れすぎると、顎周りや首すじ、肩などの筋肉が極度の緊張を起こし、血流が悪くなります。頭が締め付けられるような頭痛が起きたり、肩こりや慢性疲労にもつながるのです。

歯周病や知覚過敏

歯ぎしりをすると、歯の根元に強い力が加わり歯と歯茎の隙間が広がります。その隙間に細菌が増殖しやすくなり歯周病の原因となるのです。元々歯周病を患っている場合は、歯ぎしりにより歯を支えている歯周組織に炎症が起こり、歯周病が更に進行する場合もあります。

また、歯ぎしりによって歯の表面のエナメル質が削られ、内部の象牙質が外部にさらされることにより、冷たいものなどを食べるとしみるようになります。

歯ぎしりの治療法

歯ぎしりの治療法で代表的なものをご紹介します。

マウスピース

最もスタンダードな方法が、マウスピースを装着すること。

就寝時にマウスピースをつけることで、睡眠中の歯ぎしりによる歯や顎への負荷を軽減するだけではなく、顎関節症、知覚過敏、歯牙破折にも効果があります。

ボトックス治療

ボトックスとはボツリヌス菌から抽出されるタンパク質の一種で、美容目的で利用されることが多いですが、歯ぎしりの治療にも使われています。

無毒化したボツリヌス菌を緊張している筋肉に入れ、筋肉の動きを弱める治療法です。

筋力を弱めることで顎や口周りのシワを解消する効果や、エラを目立たなくさせる効果もあるのも嬉しい点です。

マーキング法(リマインダー法)

起きている時に無意識で行っている歯ぎしりにはマーキング法が効果的。

自分がどんな時に歯ぎしりや食いしばりをしているのか発見し、止める方法です。

目につきやすい場所にメモやシールなどを貼り、それが目に入ったときに歯を食いしばっていないか確認し、歯ぎしりを止めるよう習慣を作ります。

シンプルな方法ですが、自分が普段どれだけ無意識に歯ぎしりをしているのかに驚く人が多いです。手軽に実践できる方法なので、ぜひ試してみてください。

歯ぎしりに気付くことから始めよう

歯ぎしりや食いしばりの主な原因はストレスと言われています。

気付かないストレスにより歯ぎしりが習慣となり、体の不調に繋がっていることも。

まずはストレスに気付くことが改善の第一歩です。

歯ぎしりに気付いたら、まずは歯医者さんに行きましょう。無意識で行っている歯ぎしりは気付くのが遅れると治療も遅れてしまい、悪化しやすいと言われています。

歯医者さんの中には、歯ぎしり治療に特化していない病院もあります。

病院に行く時は、歯ぎしり治療の実績がある病院か確認してから受診しましょう。

この記事の監修医: 菊地 菊地