二重整形ならコレ!二重切開法で理想のまぶたを手に入れよう

95views
綺麗な二重まぶた
update!

数ある美容整形の中でも、身近になってきた「二重整形」。
手軽に行える「埋没法」はかなりメジャーですよね。

二重整形を考えたことのある方なら「切開法」もご存知の方は多いでしょう。

理想の二重を手に入れたいなら「埋没法」より「切開法」が断然おすすめ!

今回は、切開法の特徴や、埋没法との違い、メリット・デメリットを詳しくみていきたいと思います!

二重切開法とは

二重切開法とは、メスを使って皮膚を切り、深い二重ラインをつくる施術です。
はっきりとした二重ラインを作りたい方や、戻りにくい二重を希望の方におすすめ。

必要に応じてまぶたの脂肪を切除することもできるため、埋没法よりも理想に近い仕上がりを目指すことができます。

埋没法との違いは?

目の手術

埋没法と切開法の違いは、簡単に言えば「切るか切らないか」埋没法は、医療用の針と糸を使って、まぶたの内側を留めて二重のラインを作ります。傷が見えることもなく、抜糸する必要もありません。

施術時間も短く、腫れも少ないため、ダウンタイムが短いのもメリット。非常に手軽な施術のため、気に入らなければやり直すことも可能です。

しかし、平均3~5年で一重まぶたに戻ってしまうというデメリットも。

切開方は、メスを使って二重を作ることで、しっかりした二重まぶたができます。
埋没法と違い、二重の状態を半永久的にキープできるというのも嬉しいポイント。

切開する長さや幅を調節しながら、より綺麗な二重に仕上げることができます。

また二重を作ると同時に、まぶたの脂肪やたるみを切除することも可能。
腫れぼったい目元から、スッキリとした大きな目を手に入れることができます。

元に戻すことのできる埋没法が安心という方もいれば、もう一重に戻りたくない!と切開法を選ぶ方も。

施術を受ける時は、それぞれのメリット、デメリットを理解し、現在のまぶたの状態や仕上がりのイメージをドクターと相談しながら選んでくださいね。

施術の流れ

診察

まずはカウンセリング。

ここで大事なのが、しっかりドクターと相談すること。
希望する二重の形や幅が、必ずしも自分に似合うとは限りません。

出来上がりをシュミレーションして、納得するまで相談するようにしましょう。
イメージが決まったら、麻酔をしてまぶたの皮膚を切開します。

施術時間はおよそ30~60分程度。切開する範囲によって変わります。
術後、約一週間で抜糸しますが、抜糸するまでの期間はメイクやコンタクトは厳禁。
激しい運動は控え、入浴もシャワーで済ますようにしましょう。

ダウンタイムは約2週間。ダウンタイムが過ぎても、状態が落ち着くのには3ヶ月~半年ほどかかると言われています。
腫れが落ち着くまでは、指導されたことをきちんと守ることが大切です。

二重切開法のメリット・デメリット

悩む女性

 切開法には、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

《メリット》

  • 二重の状態が半永久的に続く
  • まぶたが厚く、埋没法が難しい人も二重が作れる
  • まぶたの脂肪や皮膚のたるみを取ることができる 

《デメリット》

  • 腫れと内出血が出やすく、ダウンタイムが長め  
  • 一度施術を受けると元に戻すことができない
  • 施術料金が埋没法より高め

どの施術にも、メリット・デメリットはあるものです。
色々調べて、納得した上で施術を受けましょう。

二重切開法にも種類がある

目の手術

切開法には、大きく分けて全切開と部分切開があります。

全切開

希望のラインに沿って目頭から目尻までを切開する施術です。
自由度が高く希望の二重になりやすく、またまぶたを大きく切開する分、脂肪も多く取れるためスッキリした目にすることができます。

 ◎このような方にオススメ!

 - まぶたが厚く腫れぼったい方
 - 埋没法で糸が外れてしまった方
 - 幅の広い二重にしたい方

部分切開

まぶたの一部分を切開する施術で、切開する範囲が大体2㎝以下になります。
切る範囲が少ない分、切除できる脂肪の量は全切開に比べて少ないですが、その分腫れも少なく、ダウンタイムが短いのがメリットです。

 ◎このような方にオススメ!

 - ダウンタイムを短くしたい方
 - 埋没法が取れてしまったけど全切開には抵抗のある方

二重整形と一緒に行われる施術

皮膚がたるんでいたり、脂肪が多かったりすると、二重整形の手術だけでは希望のデザインにならないこともあります。
二重整形と同時に行われることが多い施術をご紹介します。

目頭切開

目頭を切開して、目を近づけたり並行のラインにしたりする施術です。
「蒙古ひだ」という目頭を覆う上まぶたのひだを取り除くことで、目の横幅が広がり、パッチリとした大きい目にすることができます。

目尻切開

目尻を切開して、大きく横長の目元を作る施術です。
切れ長の目元を作ることができ、またタレ目やつり目の改善もすることができます。

眼瞼下垂

眼瞼下垂とは、瞼が目に被さり目が充分に開いていない状態のことです。
皮膚を切開して瞼を引き上げる手術を行います。
眼瞼下垂は保険適応となるので、比較的低料金で手術を受けることができます。

二重切開法で理想のまぶたへ!

一重まぶたがコンプレックスだった人にとって、二重整形は救いの施術。
「切開法で理想の二重まぶたが永遠に手に入る!」と思うと、興味を持った方も多いのではないでしょうか。

施術を受ける時は、ドクターとしっかり出来上がりのイメージを相談してくださいね。

理想のまぶたを手に入れて、コンプレックスにさよならしましょう!

この記事の監修医: 菊地 菊地