【医師監修】たれ目形成で優しい目元に!気になるメリットやダウンタイムを知ろう

218views
たれ目形成
update!

ただ普通にしていただけなのに、「怒ってる?」と聞かれた経験が私にはあります。
愛想が無いというのもありますが、原因は「つり目」にありました。

高校時代まではだいぶ太っていて顔もパンパンで、今よりも更につり目気味で目が細かったので、たれ目にあこがれていた時期もあります。

たれ目って、優しげな印象で親しみやすいですよね。

たれ目になりたいな〜と思っている方も少なくないのではないでしょうか。

そこで今回は、“たれ目形成”に関する様々な情報を集めてみました。
どんなメリットがあるの?逆にどんなデメリットがあるの?ダウンタイムは長いの?などなど、気になる疑問を一気に解消します!

たれ目形成とは?どんなメリットがあるの?

たれ目形成

たれ目形成とは、その名の通りたれ目を作る美容整形術のこと。
「グラマラスライン」「下眼瞼下制術」とも呼ばれている整形です。

下まぶたの目尻のラインを下げて、大きくて癒し系の目元を作ります。

たれ目形成の術式は大きく分けて4つ。

①まぶたの裏側から行い、皮膚は切除しない方法
②まぶたの裏側から行い、皮膚の切除もする方法
③切開せずに、糸だけで行う方法

皮膚の切除を行わなければ、皮膚がだぶついて綺麗に下まぶたのラインが下がらないことも。

そう考えると、②の方法が一番正確に綺麗なたれ目形成ができるのかもしれませんね。

たれ目形成のメリット

たれ目形成のメリットは、なんと言っても目元の印象が優しくなること。自分の理想の目元になれること。
たれ目形成をすることによって、綺麗なアーモンド型の目になれる可能性も大です。

キツい印象の目元の方にとっては、魅力的な美容整形ですよね。

また、手術時間が約30分と短いのも嬉しいポイントです。

ちなみに、たれ目は男性の「守ってあげたい欲」を刺激するそうですよ。

麻酔や手術中の痛みについて

麻酔の痛み

たれ目形成術の時の麻酔は、まず点眼薬をし、切開する部分の皮膚に麻酔クリームを塗るところから始まります。
その後少し時間を置いて、感覚が鈍くなってきたところで、極細の注射針を使って局所麻酔を行います。

点眼薬と麻酔クリームが効いているので、注射の痛みはほんのわずか、あるいはまったく痛くないと言う方も。

手術中は局所麻酔が効いているので、まったく痛くありません。

手術後は麻酔が切れて徐々に鈍い痛みが出てきますが、それほど強い痛みではありませんのでご心配なく。
ほとんどのクリニックでは痛み止めを処方してくれるので、痛みに弱い方は鈍い痛みを感じ始めた時点で服用しましょう。

たれ目形成のダウンタイム

ダウンタイム

たれ目形成の手術を受けた後は、個人差もありますが1週間ほど腫れが続きます
その後は徐々に腫れも引き、自然な目尻のラインが形成されますよ。

通院は手術1週間後に1回、抜糸のために必要です。

シャワーは手術当日から可能で、メイクは抜糸後から可能となります。
ただ、当日は手術した部分を濡らすことはNGなので、シャワーや洗顔をする場合は上手に行ってください

洗顔料やシャンプーは使っても大丈夫ですが、傷跡に泡がついてしまった場合は濡れティッシュなどで素早く優しく拭き取りましょう。

また、手術後1ヶ月くらいは目元を擦るのは控えてください。
コンタクトをするのも手術から1週間以上経ってからにしましょう。

たれ目形成のデメリット・リスク

たれ目形成のリスク

整形にはリスクがつきもの。
たれ目形成にも、デメリットやリスクがあります

デザイン力の乏しい先生に掛かってしまうと、目尻だけではなく黒目の真下の部分まで下げられてしまい、三白眼になってしまう場合も

せっかく癒し系、優しげな印象の目を目指してたれ目形成の手術を受けたのに、三白眼になってしまっては逆効果です。
三白眼は睨んでいるような目で、陰気な印象になってしまいます。

また、たれ目形成で下まぶたを下げすぎると、ドライアイになってしまったり、結膜炎になってしまったりするリスクがあるので、下げ過ぎはおすすめできません。

下げすぎてしまった下まぶたを元に戻すことは困難なので、事前カウンセリングで先生とよく相談してください。

たれ目形成術の費用

たれ目形成の費用

たれ目形成の費用は術式によって様々です。
糸だけの埋没法であれば両目で10万円〜20万円程度
切開法は大体両目で30万円台です。

予算を妥協しても良いことはないので、しっかりと自分に適したたれ目形成術を選ぶことが肝心です。

たれ目形成で癒し系の目元を手に入れよう

たれ目

つり目で悩んでいる方は、たれ目に憧れますよね。
冒頭でも記しましたが、私もたれ目に憧れていた時期がありました。
その頃はたれ目形成なんていう整形があることを知らなかったのですが、もし知っていたら受けていたかもしれません。

つり目、平行目、たれ目では印象ががらりと変わります。

自分の目にコンプレックスがある、たれ目になって「優しそう」って言われたい、そんな風に考えている方は、まずクリニックでたれ目形成について相談してみましょう。

たれ目になって見違えれば、周囲からの反応も変わるはずです。

この記事の監修医: 中 徳太郎 先生 中 徳太郎 先生

オザキクリニックLUXE新宿院

ニキビ治療などの美容皮膚科の分野やメディカルエステに始まり、脂肪吸引や二重整形などの美容外科の分野まで、美容に関することなら幅広く対応してくれるクリニックです。

特に注目したいのは、院長の中先生の技術力。
患者さんが納得いくまで何度もカウンセリングを重ね、しっかりとイメージをすり合わせることで、理想の仕上がりを実現してくれます。

先生やスタッフさんの丁寧な対応はもちろん、清潔感のある院内も魅力のひとつです。

オザキクリニックLUXE新宿院

この記事の監修医: 杉本 杉本