整形手術中に踊り狂って患者を放置!?信じがたい米国医師の行動

137views
踊る医者
update!

みなさんは、「手術中に歌い踊り狂う医師」をご存知ですか?
「そんな先生いるの!?」と思った方もいらっしゃるかとは思いますが、実はアメリカに実際にいます(いました)。

今回はその驚きの医師に関する、三度見くらいしてしまったニュースを見つけたのでみなさんにご紹介したいと思います。

題して「整形手術中に踊り狂って患者を放置!?信じがたい米国医師の行動」です。
見たまんまです。恐ろしいですね。

詳細を確認していきましょう。

整形手術中に患者を放置して踊り狂う女医

歌う医者

整形手術中に、ノリノリで踊りながら歌う女性医師の動画が、そのクリニックのホームページに掲載されました(現在は削除済み)。

ノリノリで歌いながら踊り狂う女性医師。手術用の器具を手にしているが、マスクはしていない。看護師たちもカメラに向かってお尻をふって踊っている。画像の隅には時々、手術台に横たわる患者の姿が映り込む。
J CAST テレビウォッチ『恐怖!手術中に患者ほったらかしで踊り狂う米の医師 感染症の被害も?』2018年6月5日付 (2018年6月6日アクセス)

これは米国ジョージア州の美容外科クリニックの手術室で撮影されたものです。

これには絶句……。
もしも自分がこの患者だったら……。
「綺麗になりたい」と思って手術に挑んだのに、自分が麻酔で眠っている間に手術室がクラブ状態になり、自分が放置されているなんて……。
考えただけで恐ろしいです。

麻酔が切れるまでに時間の制限もあるでしょうし、何よりマスクもしないで手術の器具を振り回しているなんて、衛生的に絶対によくないでしょう……。

お願いだからその器具で手術しないで!!
そしてマスクして!!

言いたいことが山程あります。

ちなみにこの女医はウィンデル・ブッテ氏
ホームページによると、これまでに12の州と10カ国以上で執刀してきた、20年以上経験のあるベテラン医師だそう。

20年間ずっとこの手術スタイルを貫いてきたのでしょうか……?

感染症を訴える患者も……

悲しむ患者

現地メディアによると、この医師の手術を受けた患者が重度の感染症にかかったなどの被害を訴え、訴訟にまで発展している。
J CAST テレビウォッチ『恐怖!手術中に患者ほったらかしで踊り狂う米の医師 感染症の被害も?』2018年6月5日付 (2018年6月6日アクセス)

それはそうでしょう。
本来なら滅菌されていなければならないはずの手術器具を振り回して踊り狂ってるんですから!

と、思いますよね……。

手術中にマスクもしないで歌うというのも、漫画なら集中線が寄る案件です

この報道後、さらに1週間で100人近い女性たちが被害を訴えているとのこと。
そもそもなぜこのような正気の沙汰ではない医師の行動が今まで報道されなかったのでしょうか?

米国では手術中に音楽を流すのが当たり前

ギター

音楽を聴きながら執刀すること自体は珍しくない。アメリカの調査では、回答した9割の医師が手術中に音楽を流しているという結果が出ている(Spotify/Figure1調べ)。
J CAST テレビウォッチ『恐怖!手術中に患者ほったらかしで踊り狂う米の医師 感染症の被害も?』2018年6月5日付 (2018年6月6日アクセス)

音楽流すの当たり前なんですね……
それが当たり前なら、今までウィンデル・ブッテ氏が世間の耳目を集めなかったのも頷けます。

ちなみに手術中に流す音楽のジャンルは1位がロックだそうです。
先生、ノリノリになって手元狂わないのでしょうか……。

ますます心配になってきました

美容整形の技術が進んでいる国といえば日本以外だと、韓国、アメリカ、ブラジル、イギリス、フランス、イタリアなどが挙げられますが、この事実を知ってしまったらアメリカで整形を受けようという気はなかなか起こらないと思います。

信頼できる医師をCase Reportで探そう

女性

韓国、アメリカ、ブラジル、イギリス、フランス、イタリアなどが整形先進国だからといっても、その国によって得意・不得意があります。
それに、東洋人、西洋人では顔のつくりや体型などが大きく異なります。

私の意見としては、「自分の国で整形をするのが一番安心なのでは?」です。
外国だとカウンセリングも通訳さんを介して行うので、微妙なニュアンスが伝わらないこともありますしね。

さて、そこで医師探しやクリニック探しでおすすめしたいのがCase Reportです。

東京や大阪を中心に、全国の「腕に自信がある」クリニックが一同に介するCase Report。
広告費を膨大にかけてテレビCMなどを行っているクリニックに目がいきがちですし、きっとそういうクリニックの先生たちも技術は確かなんだと思います。

しかし、どんなに腕がよくても先生との相性ってありますよね。

Case Reportには、本当に腕に自信があるクリニック様だけにご参画いただいています。
クリニックの数もどんどん増えてきているので、きっと自分と相性のいい先生が見つかりますよ。

Case Report上から気軽に先生とやり取りができるので、「何軒も足を運んでカウンセリングを受けるのはちょっと面倒……」という時にも大活躍。
気になるクリニックに一括で見積もりを取ることもできるので、お財布事情にシビアな方にももってこい!

何より、手術中にマスクもしないで手術器具を振り回して踊り狂う先生はCase Report上に存在しません!

自分のお顔や身体で気になる部分がある方は、写メを送って先生に相談してみましょう。

この記事の監修医: 杉本 杉本