大きいバストでお悩みの方必見!乳房縮小術でコンプレックス解消!

27views
update!

皆さんはバストのお悩みと聞いてどんなものを思い浮かべましたか?
「小さいこと」を悩んでいるという声をよく耳にしますよね。
ですが、「大きいこと」で悩んでいる方も少なくありません。

大きいことが悩みだなんて誰かに相談しようとしても、嫌味だとおもわれてしまったり贅沢な悩み!と話を聞いてもらえなかったりとなかなか理解してもらえないのではないでしょうか。ボリュームのあるバストは男性だけでなく女性の憧れでもありますよね。
しかし、本人たちにしかわからない悩みもたくさんあるのです。

そのお悩みには肩こり、頭痛、猫背、腰痛、太って見える、制服が入らない、バストが垂れやすい、市販のブラジャーが使えない、男性からの視線が気になるなど、毎日この悩みと付き合わないといけないかと思うと想像以上に辛いものです。

豊胸という言葉はよく耳にしますが、バストを小さくするための整形もあるんです!
大きいバストでお悩みの方にぴったりの「乳房縮小術」について詳しくお話します。

乳房縮小術とは

乳房縮小術は、リダクションとも呼ばれ元々バストサイズが大きな方に適しています。
乳房の余剰な皮膚・脂肪・乳腺の一部を取り除き、バランスを整えながらバストサイズを縮小する手術です。

バストサイズを小さくするだけでなく、加齢や授乳で垂れ下がってしまったバストをリフトアップさせることもできるのです。
また、乳房を小さくするとともに乳頭や乳輪の位置も整えることができるため、バランスの良い美しいバストを手に入れることができます。
さらに、男性のような形にまでバストを縮小させることも可能なようです。

手術にも様々な方法があるため、自分の希望にあったものを見つけることが大事です。
例えば、乳腺組織を温存したままの手術をしてくれるクリニックもあるため、妊娠や授乳の予定がある方でも安心して手術を受けることができます。

その他にも大幅にサイズダウンさせたい方、垂れ下がったバストをリフトアップさせたい方それぞれに最適な方法があります。
自分にあった方法はどんなものなのか先生に相談し、納得した上で手術を受けるようにしましょう。

乳房縮小術のメリット 

バストを小さくできる

乳房縮小術では、確実にバストを小さくすることができます。
バストを小さくすることで、慢性的な肩こりや頭痛、猫背の症状を緩和させることができます。
また、視線を気にすることも減って、これまで着ることのできなかったデザインやサイズが合わなかった洋服も着ることでできるようになり、おしゃれやお出かけも楽しくなりそうですね!

垂れ下がったバストにも効果的

元々大きなバストは特に垂れやすいですよね。
乳房縮小術は、加齢や授乳によって下垂してしまったバストをリフトアップさせることにも適しています。

効果が半永久的

手術後は効果が半永久的に持続されます。
ただし、急激に太ることでせっかく小さくしたバストが大きくなってしまう可能性があるため注意が必要です。

授乳に影響しない

乳房縮小術は、授乳に必要な乳腺を温存したまま手術を行うことも可能なため、妊娠・授乳の予定のある方でも安心して手術を受けることができます。
ただし、すべてのクリニックで乳腺の温存しての手術を行うわけではありません。
手術を受ける前に必ず先生に相談し、自分にあう方法で手術を行うクリニックを探すようにしましょう。

乳房縮小術の値段相場・ダウンタイム

乳房縮小術は、元々のバストの状態や希望のバストサイズにより値段は変わってきますが、費用相場は、約60万~150万円と言われています。

クリニックによっては、手術費の中に麻酔代・痛み止め代・抜糸代などが含まれている場合と、手術費と別に追加で麻酔代・痛み止め代などの費用がかかる場合があります。

ホームページに記載してあるクリニックもありますが、実際にカウンセリングに行って直接確認することがおすすめです。
値段も手術内容も気軽にお試しできるものではないので、ご自身の納得のいく内容で信用のできるクリニックや先生を慎重に選ぶようにしましょう。

ダウンタイムは、個人差がありますが2週間程度だと言われています。
ダウンタイム中の症状は、腫れや内出血、痛みが感じられます。
内出血や切開部分の赤みが出ることがありますが、時間が経つとともに治ることがほとんどです。

通常の授業やデスクワークであれば、2~3日で復帰できるようです。
激しい運動や力仕事は2~4週間は控えるようにしましょう。

痛み止めは処方されますが強い痛みを感じることもあるので、学生さんや仕事をしている方は長期休暇などを利用し手術を受けるのがよさそうです。

乳房縮小術でコンプレックスを乗り越えよう!

バストが大きいことが悩みだなんて周りの人にはなかなか相談できませんよね。
そんなときはクリニックの先生に相談してみるのもひとつの手かもしれません。

手術には抵抗がある方もいらっしゃるでしょうし、費用の面でももちろんなかなか勇気がでませんよね。
少しでも気になったらホームページだけで判断せず、ぜひカウンセリングに行ってみてください!
直接先生に診てもらい判断してもらったり、自分の悩みや要望を聞いてもらったりするのが理想のバストを手に入れるためのポイントです!
乳房縮小術は時間とお金がかかる手術です。
ダウンタイムやリスクなども理解した上で、信頼できるクリニックや先生を慎重に探しましょう。

この記事の監修医: 東