もう低い鼻で悩まない!隆鼻術で理想の鼻をゲット!

120views
鼻を気にする女性
update!

「外国人みたいに高い鼻に憧れる……」
「形の悪い鼻がコンプレックス……」

などなど、鼻にコンプレックスを抱えている方は多いのではないでしょうか。

日本人は元来のっぺりした顔立ちが多いので、どうしても欧米人のようなスッと通った鼻筋の方は少ないです。
実際、コンプレックスを抱くほどではありませんが、私の鼻も高くはありません(私はどちらかと言うと奥二重の目がコンプレックスです笑)。

ネットを見ると、鼻をつまんで高くしようとするグッズなども売られていますが、口コミはやはりイマイチ……。
そりゃあ、ただつまんでいるだけで形状記憶のように鼻が高くなったら、誰も低い鼻に悩みませんよね。

「鼻プチ」なんていうものもありますが、鼻の中に異物を入れ込んで鼻の穴を広げる形で無理やり鼻を高く見せるので、装着中は違和感がありますし、誰かと会話している時にポロッと取れてしまったら恥ずかしすぎますよね……。

確実に鼻を高くしたいのなら、美容整形の“隆鼻術”があります。
隆鼻術にはいくつか種類があるので、それぞれどのような特徴があるのか、この記事で確認していきましょう!

隆鼻術とは

鼻の整形
隆鼻術(りゅうびじゅつ)とは、鼻にシリコンプロテーゼやゴアテックス、もしくは自分の軟骨を挿入し、高くしたり形を整えたりする美容整形です。

鼻が整い高くなると、顔の印象がガラリと変わります。
シャープで洗練された印象になりますし、横顔美人も目指せる、鼻ぺちゃの日本人にとって非常に嬉しい美容整形なんですよ。

その人その人に合わせたオーダーメイドの施術となるので、理想の鼻をゲットすることができます。
人工物に抵抗のある方は、自分の軟骨を挿入することもできるのが利点ですね。

隆鼻術の種類

女性
鼻に挿入するものによって、隆鼻術は種類が異なります。

シリコンプロテーゼ

シリコンプロテーゼは患者さんに合ったオーダーメイドのものを使用するので、実際はもっともっと細かく細分化できますが、大きく分けた概要が以下です。

シリコンプロテーゼには、L型とI型と呼ばれるものがあります。
L型のシリコンプロテーゼは鼻筋をスッと通らせると同時に、鼻先をツンと高くすることができます。

ただし、

・鼻先に負担がかかる
・鼻先が上がってブタ鼻になりやすい
・笑った時に鼻先が上がらないので不自然になる

などの理由から、採用していないクリニックもあります。

一方、I型のシリコンプロテーゼは鼻先を尖らせる効果はありませんが、鼻筋を通すことはできますし、以下のような利点があります。

・皮膚に負担がかからない
・ブタ鼻になりにくい
・笑った時に鼻先が自然に上がる

どちらを選ぶにしても、しっかりと事前のカウンセリングに時間をかけたほうがよさそうですね。

ゴアテックスプロテーゼ

ゴアテックスとは、通気性と保温性に優れている繊維です。
布のように軟らかいと同時に人体との親和性が高いため、美容整形にはもちろん、他にも様々な医療の場面で使用されています。

また、ゴアテックスは長期間経過しても石灰化することが少なく、輪郭が浮き出てくることも稀です。
ゴアテックスはしなやかで折り曲げることができるので、鼻の骨にフィットしやすく、エッジが浮き上がることもありません。

自身の軟骨

隆鼻術には、一般的に耳の軟骨か肋軟骨が使用されています。
軟骨は皮膚としっかり癒着するので、輪郭がはっきり出るのが特徴です。

軟骨に凸凹やつなぎ目があると目立ってしまうので、耳の軟骨の場合は挿入する前に軟骨を重ね合わせたり、削ったりして形を整えます。
肋軟骨は十分な大きさがあるため、そのような作業は必要ありません。

人工物ではなく自身の軟骨を挿入するという安心感はありますが、軟骨は皮膚との癒着が強いため、仮に取り出そうとすると、丁寧な剥離が必要になるのでで少し時間がかかるのが難点と言えるでしょう。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸注入は、「鼻は高くしたいけど、手術をするのは抵抗がある」という方にぴったりのプチ整形です。
注射器を使って鼻に注入するだけなので、施術にもそれほど時間はかかりません。

従来のヒアルロン酸は数ヶ月で身体に吸収されて鼻の形も元に戻ってしまいましたが、現在主に使用されているヒアルロン酸は1年は十分に効果が持続し、約2〜3年かけて徐々に吸収されます。

腫れやダウンタイムも、プロテーゼ挿入や軟骨挿入に比べると控えめなのが特徴です。

隆鼻術はデザイン性がすべて!

横顔

隆鼻術の仕上がりは、デザイン性がすべてと言っても過言ではありません。
鼻筋を高くし過ぎてしまうと、眉間からいきなり鼻が生えているような不自然極まりない横顔になってしまいますし、鼻先を高くしたいからといって鼻先にばかりヒアルロン酸やプロテーゼを挿入してしまうと、鼻先だけぽっこりとした不格好な鼻になってしまいます。

隆鼻術に絶対の自身があり、キャリアのある先生にお願いするのが、隆鼻術成功への近道と言えるでしょう。

無料カウンセリングを行っているクリニックもありますので、納得のいくまでとことん相談しましょう。

鼻は顔の印象を大きく左右します。
自信の持てる鼻を手に入れて、日々を楽しく過ごしてください!

この記事の監修医: 杉本ライター 杉本ライター