【体験レポ in 渋谷】最新のシステムで目立たない!渋谷宮下パーク歯科・矯正歯科の「インビザラインiGOシステム」でこっそり部分矯正!【カウンセリング編】

494views
宮下パーク歯科・矯正歯科の待合室
update!

歯に悩みを抱えている方は多いかと思います。
虫歯や歯周病はもちろんですが、若い頃は特に“歯並び”が気になることが多いですよね。
その中でも笑った時に見える歯がガタついていたり、すきっ歯だったりした場合、他人が思う以上にコンプレックスに感じてしまうことも。

そんな「一部分を矯正したい」という願いと、「目立たない矯正をしたい」という希望を同時に叶えてくれる歯科治療があります。

それが「インビザラインiGOシステム」です。

その最新技術をいち早く取り入れていらっしゃる【渋谷宮下パーク歯科・矯正歯科】で、なんと「インビザラインiGOシステム」を体験させていただけることになりました!

渋谷宮下パーク歯科・矯正歯科は渋谷駅から徒歩1分の好立地。インビザラインiGOシステムのような最新治療をはじめ、ホワイトニングや予防歯科、一般歯科治療、お子様の歯列矯正なども行っているオールマイティなデンタルクリニックです。

アポイントを取り、さっそく訪ねてみることにしました。

渋谷宮下パーク歯科・矯正歯科へ初訪問

初めて訪れた渋谷宮下パーク歯科・矯正歯科は、渋谷の喧騒を忘れてしまうような落ち着いた雰囲気のクリニック。

白基調で新しく、個人的にデンタルクリニックで重要ポイントである清潔感も溢れていました。

受付の方の感じもとてもよく、綺麗な待合室で先生を待たせてもらうことに。

ほどなくすると、渋谷宮下パーク歯科・矯正歯科院長・山本相春先生がカウンセリングルームに迎え入れてくださりました。

男性ですが小綺麗な先生です。

正統派美形といったところでしょうか……この先生に大口開けたところとか見られるのかと思うとちょっと恥ずかしいですね……(笑)

――今回はインビザラインiGOを数ヶ月単位で体験させていただけるとのことで、誠にありがとうございます。よろしくお願いいたします。

山本先生
いえ、これから当院もiGOを広めていきたいので、取材いただけて幸いです。こちらこそよろしくお願いします。

――無知で大変恐縮なのですが、iGOとは一体どのような治療なのでしょうか。ざっくりと「目立たない矯正」という知識はあるのですが……。

山本先生
では、iGOシステムの治療を簡単に説明させていただきます。

インビザラインiGOシステムとは

山本先生
インビザラインiGOシステムとは、日常的に目立たないマウスピースをつけて前歯を中心に部分矯正を行うものです。
山本先生
iGOのマウスピースを“アライナー”と呼びますが、このアライナーを1日20時間以上装着、1週間ごとに次のステージのアライナーに交換していき、徐々に前歯を矯正していきます。iGOの治療を始めるための手順は、簡単に以下となります。

1.専用アプリでiGO適応か判断

医師に提供されたiPhone・iPadアプリで患者さんの歯を写真に撮り、iGOシステムの治療が適しているかどうかを自動で判断します。iGOシステム適応だと判断されたら、医師とカウンセリング

2.iGOシステム適応だと判断されたら、医師とカウンセリング

患者さんの希望をもとに相談内容をよくヒアリングします。
iGOシステムは前歯を中心とした部分矯正なので、動かせる範囲が限られます。
その為、写真上では適応になっても、患者さんの希望によっては先生の判断で稀にiGO適応外になることも。

3.資料採り

iGOシステムの治療を始めるにあたり、必要な資料を採ります。
具体的には、患者さんのレントゲン写真・口腔内写真・顔貌写真の撮影です。
正中の位置、咬合の位置を確認するための資料となります。

4.シュミレーション

資料をもとにPC上で独自の3D治療計画ソフトウェアを通じ、シュミレーションを作成します。
現在の歯並びと、iGO治療完了後の歯をCGで確認することができます。
患者さんの希望をもとに前歯の歯並びを調整してクリンチェックを修正します。

5.セット

iGOを発注すると、患者さんに治療ステージに合ったマウスピース(アライナー)が作成され郵送されてきます。
患者さんにセットして、治療開始です。
アタッチメントの必要がある場合は処置を行い、その後定期的なチェックを行って経過を診ていきます。

インビザラインiGOシステム治療開始のためのカウンセリング

先生にインビザラインiGOシステムの治療スケジュールを一通りご説明いただいたところで、次はカウンセリングです。

本来はiGO適応かの写真撮影が先となりますが、取材の関係でこの日はカウンセリングからしていただくことになりました。

山本先生
歯並びについて、特にこの部分が気になる、などありますか?

――上下ともなのですが、前歯が綺麗なアーチを描いておらず、壁のように揃っていることが悩みです。

山本先生
なるほど、一直線になっているということですね。いつまでに歯並びを綺麗にしたい等のご希望はありますか?

――いつまでに治したいという希望はありません。

山本先生
当院ではマウスピース矯正を行っておりまして、ワイヤーは基本的に使いません。“iGOシステム”という新しい矯正治療なのですが、先程ご説明したとおり、複数のアライナーというマウスピースを1週間ごとにどんどんつけ替えていきます。
山本先生
1日20時間つけておいていただきたいので、ご飯と歯磨きの時以外は基本的につけっぱなしです。つけ続けていただかないと、せっかく徐々に動かしている歯が元に戻ってしまうんです。

――食事中は取るとのことですが、アライナーをつけたまま飲み物を飲んだりしてもいいのですか?

山本先生
水は飲めます。お茶も一口二口でしたら飲んでいいのですが、茶しぶがついたりしてアライナーが汚れてしまう可能性があるので、推奨は水です。

山本先生曰く、コーヒーや紅茶は汚れがつきやすいとのことなので、もしコーヒーや紅茶を飲みたいのであれば、アライナーを外して飲みたいだけ飲んで歯磨きをし、それ以降はずっとつけっぱなし……コーヒーや紅茶はなるべく我慢してください、とのことです。

ちなみに甘いジュースなどは虫歯になりやすいので、アライナーをしたまま飲むことは絶対にやめてくださいとのこと。

コーヒー、紅茶、ジュースなど、基本的に水以外のものはアライナーを外して飲んで、しっかり歯磨きをした後すぐにアライナーを装着し直す、ということですね!

山本先生
あと、歯の表面にアタッチメントをつけます。見えづらいかもしれませんが、このポコッとしたやつですね。
山本先生
アタッチメントをつけると、アライナーがパチンとよくはまります。前歯だと目立ってしまうので、見えない奥歯につける感じになります。

もしアタッチメントをつけるのが嫌な方はつけなくても治療できなくはないのですが、歯の動きは悪くなるので、治療期間が延びてしまいます。

――でも奥歯なら見えませんもんね。

山本先生
そうですね。実際アタッチメントつけたくないという方はほとんどいらっしゃらないです。

また、山本先生によると、iGOの治療を始めるにあたって歯の間を削ることがあるそうです。

凸凹の歯を綺麗に並べるためにスペースが必要なので、IPRという歯の横幅を整える処置を行う(0.2〜0.6mmほど削る)とのこと。

山本先生
歯を削っていいか事前にお伺いしているのですが、大丈夫ですか?

――大丈夫です。ちなみに先生、私今上の奥歯の虫歯の治療をしているのですが……。

山本先生
あ、そうなんですね。虫歯とかがある場合はそちらの治療が終わってからでないとiGOができないのですが……。

――あ、でももうほとんど治療は終わっていて、明日詰める予定なんです。

山本先生
それなら大丈夫です。次回歯型を取らせていただくのですが、それまでに治療が終わっていれば大丈夫ですよ。
山本先生
歯型データをアラインテクノロジー社に送れば1週間くらいでアライナーができあがって郵送されてきます。

最大でも20ステージで、1週間に1回アライナーを交換していただくので、大体5ヶ月くらいで治療が終了するイメージです。

ただ、全ステージのアライナーを使い切った後でも歯並びが完全に改善されないこともあるので、その場合は追加で治療するとのことです。

――ちなみに、ホワイトニングのマウスピースもこのiGOのアライナーみたいな感じじゃないですか?アライナーにホワイトニングの薬剤をつけて使用してもいいんですか?

山本先生
大丈夫ですよ。完全なホワイトニング用のマウスピースではありませんが、ホームホワイトニングの薬剤を併用することはできます。せっかくマウスピース(アライナー)をつけるんですから、ホワイトニングを一緒にやってしまってもいいかもしれませんね。

歯並びを綺麗にしながら歯も白くできるとは……インビザラインiGO、とても便利な治療ですね。

――ちなみにアライナーは上の歯と下の歯、同時につけるんですか?

山本先生
そうですね、上下両方です。ただ、どうしてもという場合は上下分けて治療することもできます。料金もかわりません。

――部分矯正だったとしても、この全部の歯を覆うアライナーをつけるんですか?

山本先生
そうです。奥歯まで覆ってないと噛み合わせが変わってしまったりするので、全部の歯をアライナーで覆っていただきます。

――わかりました。

山本先生
こちらのカウンセリングでご納得いただけたら、iGO治療開始に際しての写真撮影や歯型取りに移る流れとなりますが、いかがですか?

――iGO受けたいです!よろしくお願いします!

インビザラインiGOシステムの治療前のカウンセリングを受けて

はじめて耳にする「iGO」という矯正治療。

カウンセリング前はほんの少し不安がありましたが、山本先生の丁寧なカウンセリングのおかげでインビザラインiGOシステムに関する様々な疑問も解消することができたので、iGOの治療を受けることを決意。

コンプレックスだった歯がどのように変化していくか楽しみです。

次回はカウンセリング後の資料採り(写真撮影・歯型取り)の様子を記事でお送りしたいと思います。

お見逃しなく!!

■4/25 up!!■
【体験レポ in 渋谷】今どきの部分矯正はコレ!渋谷宮下パーク歯科・矯正歯科でインビザラインiGOシステムを体験【資料採り編】

この記事の監修医: 山本 相春 先生 山本 相春 先生

渋谷宮下パーク歯科・矯正歯科

医院として丁寧な治療を心掛けており、検査、診断、治療計画をしっかり立てた上で実際の治療に入ってくれる渋谷宮下パーク歯科・矯正歯科。
診療時間に関しても幅広く対応しており、現代社会の多様化するニーズに応えられるよう平日は20時まで、土日も17時まで診療。
治療して終わりではなく、その人の今後まで考えて治療してくれる医院ですので、歯のことでお悩みがありましたら一度足を運んでみてください。

渋谷宮下パーク歯科・矯正歯科

この記事の監修医: 杉本 杉本