絶対に避けたい!実際にあったバッカルファット除去の失敗

886views
女性
update!

「小顔になりたい」
「おたふくみたいな輪郭をシュッとさせたい」

そんな期待を抱いて受けたバッカルファット除去のはずが……

「失敗した……!!」

という方もいらっしゃるかもしれません。

美容整形の施術ですから、もちろん綺麗になるために受けるものですが、リスクや失敗といった脅威と隣合わせであることも否めないのが現状です。

そんなバッカルファット除去術ですが、実際にどのような失敗やリスクがあるのでしょうか。
バッカルファットを検討している方は、一度目を通しておくといいかもしれませんよ。

まず、バッカルファットとは?

女性

まずはバッカルファットについて簡単に説明します。

バッカルファットとは、頬のお肉を除去して小顔を実現させる美容整形です😃
脂肪吸引とは違い、皮膚の浅い層にある脂肪を吸引するのではなく、深い層にある“バッカルファット”という脂肪を取り除きます。

施術は口の中からのアプローチ。
口の中を3mm〜5mm程度切り、そこからバッカルファットを引っ張り出します。

ブルドッグのようにほっぺたが垂れ下がっているおばあちゃんを見かけたことがある方もいらっしゃると思いますが、将来そのようにならないようにするための予防整形とも言えるでしょう🙂

バッカルファットの失敗例とリスク

女性

いいことばかりのバッカルファット除去術に思えますが、美容整形なので、もちろん失敗やリスクもあります🤔

皮膚が凸凹になってしまう

脂肪の除去がまんべんなくなだらかになるように行われなかった場合、皮膚の表面が凸凹になってしまうという失敗があります😱

バッカルファット除去の施術に慣れていない医師や腕の悪い医師に担当されてしまった場合、このような失敗にみまわれてしまうことがあるそうです。

頬が凸凹なんて、気持ち悪いですよね……。
絶対に避けたい失敗です……😨

頬がこけてしまう・目の下がくぼんでしまう

脂肪を取り過ぎてしまうと、頬がこけてしまう場合があります。
それだけではなく、除去し過ぎたバッカルファット分の空洞に、頬の上にあった脂肪や目の下の中顔面の脂肪が下がってきてしまい、目の下にくぼみやシワができてしまうという失敗も……😰

綺麗になるために受けたはずのバッカルファット除去術なのに、こんなことになってしまっては本末転倒ですよね……😭

左右でバランスが崩れてしまう

頬の中に隠れているバッカルファットの量は、左右で同量ではありません

そのことを考えずに同量のバッカルファットを除去してしまうと、正面から見た時に左右の頬のふくらみ具合がバラバラになってしまいます😵

多少ならいいかな……と一瞬考えましたが、よく考えたらやっぱり嫌でした(当然ですが)🙄

失敗やリスクを避けるためには?

女性

自分の身を守れるのは自分しかいません😤
失敗やリスクを避けるために、以下のことに気をつけて施術を受けましょう。

クリニックや医師選びは厳しい目で!

バッカルファット除去術に限ったことではありませんが、どんな美容整形術も正しく行えばいい結果になりますし、正しく行わなければ悪い結果になります。

クリニックや医師を選ぶ際は、歴史があるクリニックか、しっかりとした経歴・実績を持った医師かどうかをチェックしてから施術をお願いするといいでしょう。

「この先生、大丈夫かな……?🤔」という不信感を抱いたまま施術をしてしまったら、もし成功したとしても施術中はずっと不安な気持ちでいるわけですから、そんな思いをしなくて済むならそれに越したことはありません。

しっかり、じっくり、カウンセリングを

バッカルファット除去をする前に必ず医師とのカウンセリングがありますので、不安な点や疑問な点などは恥ずかしがらずに全て医師にぶつけましょう!

この記事で挙げたリスクについても触れていいと思います。

「こんな失敗が怖いんですけど」「こんなリスクがあると聞きました」

どんどん聞きましょう👌

それに対して親身になって納得のできる回答をくれる先生だったら、施術を任せてもいいと思います。

逆にカウンセリングをテキトーに済まされた場合は、その場でクリニックから脱出しましょう🏃
美容整形というデリケートな分野でカウンセリングをしっかりしてくれない先生を信用して失敗したら目も当てられません!😰

バッカルファット除去の失敗やリスクを考慮した上で施術を検討しよう

女性

いかがでしたか。

バッカルファットは外側から傷跡が見えずに、脂肪を取り出すわりにはダウンタイムも比較的短いため、昨今では人気の小顔術として台頭してきています。

小顔は女性の永遠のテーマ。
強く惹かれる気持ちは筆者もよ〜くわかりますが、失敗やリスクもあることは頭の片隅に置いておいてください😖

この記事を読んでいらっしゃるバッカルファット除去を検討している方が、「クリニック選びをしっかりしなきゃ」「カウンセリングには時間をかけよう」と、改めて考えてくだされば、この記事は成功です。

小顔を夢見る方々に幸多からんことを!☺

この記事の監修医: 杉本ライター 杉本ライター

Related article関連記事