AGA、FAGAについての種類や違い、治療法とは?

158views
update!

抜け毛や薄毛は、男性だけの悩みではありません。 近年では薄毛に悩む女性が増えていると言われています。

抜け毛・薄毛の原因はさまざまですが、男性の場合、AGA(男性性脱毛症)によるものがほとんどです。

女性の場合は、AGAではなくFAGA(女性男性性脱毛症)と呼ばれ、女性ホルモンの減少などが影響していると考えられています。

妊娠や出産、過度なダイエットによってホルモンバランスが乱れ、発症するケースがあります。また、男性の症状とも異なり、対策も治療もAGAとは異なります。

今回はそんなAGA、FAGAについての種類や違い、治療法についてご紹介します。

AGA(FAGA)の原因と症状


AGAは、成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことをいい、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪のどちらか一方、または双方から薄くなっていきます。

主な原因は男性ホルモンの変性と、ジヒドロテストステロン(DHT)の毛母細胞への侵入が主な原因です。

一方、女性のFAGAの場合、男性と違い、髪が全て無くなるということは、滅多にありません。なぜなら、女性ホルモンは減少するものの、一定の量は分泌されるためです。

主な症状として、額の生え際や頭頂部、髪全体の薄さや、細くなってコシがなくなるなどの症状がでてきます。

AGA(FAGA)の治療方法


男性の場合、大きく分けると2種類の治療法があります。

  1.  発毛や育毛を促す治療薬を服用、または外用薬を頭皮に塗布する治療方法があります。代表的な治療薬として処方されるのは、プロペシアという内服薬とミノキシジルという外用薬です。
  2. 施術を伴う治療方法があります。髪の成長を促す「成長因子」と呼ばれる栄養分を頭皮に直接注入し、発毛や育毛を促す「メソセラピー療法」や「HARG療法」そして、まだ髪の毛がある部分から毛根ごと皮膚を採取し、移植する「自毛植毛」という方法もあります。

女性の場合、使用される内服薬が限られているため、ミノキシジルを中心としますが、できる限り、薬に頼らない対策になります。

FAGAの主な原因は女性ホルモンの減少のため、改善にはホルモンバランスを整えることが大切です。ホルモンバランスを乱す大きな要因は、心身へのストレスのため、過度なダイエット、睡眠不足、生活習慣の乱れなど、規則正しい生活と適度な運動、ストレスをためない工夫でホルモンバランスを整えることが重要です。

AGA(FAGA)治療はどこで受けられる?


AGA治療に用いられる治療薬は、全国の皮膚科医が所属する「日本皮膚科学会」が発行するガイドラインでも推奨されており、一定の効果が期待できるといえます。

AGAの治療方法は、医療機関と独自の育毛を促すシステムを持つサロンなどで大きな違いがあります。

育毛サロン

薄毛の状態に対しカウンセリングをし、独自の育毛システムを駆使し、発毛を促進させます。医療機関ではないため、医療行為や薬剤の処方などは一切できません。

AGA治療専門クリニック

AGA治療を専門に行う医療機関であり、専門の医師による診察を受けることができます。受診者一人ひとりに適した薬剤処方などを中心とした治療を受けることができます。

一般皮膚科

皮膚科の病院やクリニックでも内服薬の処方を行うことができますが、皮膚科の多くは現状を維持し、進行を食い止めることが目的となっているため、頭皮に直接薬剤を注入するような外科治療は行っていないことがほとんどです。

男女で異なる薄毛の対策

AGAとFAGAには、根本的な原因や薄毛の症状の現れ方など、さまざまな違いがあり、治療法も異なります。
AGAの場合、薄毛になっても、うぶ毛は残っています。毛包が存在している限り、髪の毛は太く長く育つ可能性があるため、進行しないうちに適切な治療が必要になります。

女性の場合、FAGAではなく、びまん性脱毛症や分娩後脱毛症などの可能性もあるため、気になる事があれば、専門の医療機関にて検査・カウンセリングをすることも重要となってくるでしょう。

この記事の監修医: 東